YKK AP

HOME 会社案内 サステナビリティ経営 環境報告書2021 気候変動(2050年カーボンニュートラル実現に向けて)

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

気候変動(2050年カーボンニュートラル実現に向けて)

関連する
SDGs

気候変動に具体的な対策を エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 パートナーシップで目標を達成しよう

  世界的にカーボンニュートラルに対する意識が高まる中、YKK APは、2050年カーボンニュートラルに向けて、事業活動の全ての工程で温室効果ガスの削減や気候変動への適応に取り組んでいます。
 「モノづくり」では、CO2削減に貢献する設備投資を加速します。
 「商品」では、建築物のカーボンニュートラルに大きく貢献する高断熱窓やドア、カーテンウォールの開発・販売・普及を推進します。
 さらに、住まい方の変化や自然災害の増加に対応した、換気・耐震・防災・減災の視点で、新しい価値を提案していきます。

方針・考え方

社会的背景

 2050年までにカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すうえで、建築物におけるCO2削減も重点テーマとなっています。日本の建築物におけるエネルギー消費で大きなウェイトを占める冷暖房エネルギーの削減には、建物の外皮の断熱性能を高めるのが不可欠で、中でももっとも熱の出入りが大きい開口部(窓)の断熱性能をあげることが非常に重要になってきています。

 また、近年、猛暑や風水害の増加など、気候変動による影響が事業活動にとって大きなリスク・機会要因となっています。企業においては、エネルギー効率の改善、再生可能エネルギーの拡大を通じて、化石燃料への依存を低減し、サプライチェーン全体で脱炭素社会への取り組みを推進すること、そして、2050年には温室効果ガス排出量を実質ゼロとすることが求められています。

YKK APの目指す姿

 YKK APは、高断熱窓の開発・販売・普及により、建築物のCO2排出量削減に貢献します。
 合わせて、調達から廃棄にわたるサプライチェーン全体のCO2排出量を最小化することにより、社会全体のカーボンニュートラルに貢献します。

環境長期ビジョン

 企業がパリ協定の「2℃⽬標」に整合した⻑期CO2削減⽬標を設定する仕組みとして、SBT(Science Based Targets)が国際的なイニシアチブによって運用されています。
 YKK APは、2019年1月にSBTイニシアチブから「パリ協定」が目指す「2℃目標」に整合するとの認定を取得していました。2017年度に制定した温室効果ガス削減目標では自社排出を2030年度に30%削減(2013年度比)と掲げていましたが、2020年度にこれを前倒しで達成する見込みです。それを受けた今回の改定は、目標値をさらに上乗せする野心的な削減目標となります。そして、2050年カーボンニュートラルを目指します。
 この目標達成に向け、年率1.3%以上の省エネ、燃料転換、再⽣可能エネルギーの導⼊を主軸とした対策を⻑期にわたって推進します。

テーマ 基準年度 対象 2024年度目標 2030年度目標
【商品使用時】
CO2削減貢献量の拡大
2013年度比 国内 270%
【Scope1※1+2※2
自社CO2排出量の削減
2013年度比 国内+海外 39%削減 50%削減
【Scope3※3
サプライチェーンCO2排出量の削減
2013年度比 国内+海外 20%削減 30%削減

※1 温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼)
※2 電気の使用に伴う間接排出
※3 Scope1、Scope2以外の間接排出(サプライチェーン)

2020年度の総括と今後の展開

 2020年度はコロナ禍による販売金額・生産量の減少があったものの、樹脂窓の販売比率増、生産性向上により、以下の計画を達成しました。

テーマ 基準年度 対象 2020年度目標 2020年度実績 2021年度目標
【商品使用時】
CO2削減貢献量の拡大
2013年度比 国内 210% 212% 226%
【Scope1+2】
自社CO2排出量の削減
2013年度比 国内+海外 23%削減 30%削減 30%削減

 個別データ、算定方法は「環境負荷情報」をご覧ください

商品

高断熱、換気、風水害対策商品

温室効果ガス削減に寄与する商品や気候変動対策商品の開発・販売

高断熱商品の開発(APW樹脂窓シリーズ)​

 地球規模でのエネルギー問題に直面している現在、可能な限りの省エネルギー化と、再生可能エネルギーの導入により、エネルギー消費量が「正味(ネット)ゼロ」となる住宅やビルの実現が求められています。​
 日本でも、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の建設促進に向け、国によるロードマップの策定や法整備が進められており、2030年には新たに建てられる建築物の平均でZEH・ZEBが実現することを目指しています。
 APW樹脂窓シリーズは、世界トップクラスの断熱性能を持つAPW 430をはじめ、シリーズを通して高い断熱性能を実現しています。窓から住宅を高断熱化することで、エネルギー消費の削減はもちろん、室内の温熱環境を改善し快適な住環境を提供いたします。​

CO2削減貢献量

 このように、熱貫流率の数値の小さい窓を使用いただくことにより、従来のアルミ窓に比べ、窓からの熱の出入りを抑えることができ、住宅やオフィスのCO2の削減に貢献できます。この効果に各年度にYKK APが販売した窓セット数を乗ずることにより、YKK APとしてのCO2削減貢献量を算出しております。2020年度は樹脂窓の販売比率の向上により、2013年度に対して212%に達しました。さらなる高断熱窓の普及により、社会全体のカーボンニュートラルに貢献します。​

【算出条件】
(日本LCA学会「温室効果ガス排出削減貢献量ガイドライン」に準拠)
断熱性の高い窓による、住宅の空調エネルギー削減効果(CO2削減効果)を「削減貢献量」として算出
●比較対象:2000年当時の窓(アルミ製複層窓)と現在の窓(樹脂製)
●使用期間:30年間(製品寿命)
●算出方法:窓1セット当たり削減貢献量×各年度出荷セット数
●空調エネルギーの削減効果算定方法

使用ソフト AE-Sim/Heat(建築の温熱環境シミュレーションプログラム)/株式会社 建築環境ソリューションズ
気象データ 「拡張アメダス気象データ」2000年版 標準年/(社)日本建築学会
計算地点 東京(6地域)
住宅モデル 「住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説」の計算モデルに準拠
2階建て、延床面積:120.08㎡、開口比率:26.8%(6地域)
住宅断熱仕様 次世代省エネルギー基準適合レベル
想定生活者 4人
想定冷暖房機器 エアコン COP:3.0
冷暖房設定 暖房:20℃、冷房:27℃(就寝時:28℃)・60%
進化し続ける高性能樹脂窓「APW」シリーズの対外的評価

 「APW」シリーズはその進化と併せて、企業の地球環境負荷低減に対する取り組み姿勢(地球環境大賞 経済産業大臣賞)をはじめ、今回の「グリーン購入大賞」大賞・経済産業大臣賞の受賞を加え、開発から製造、使用(リフォーム含む)、廃棄のライフサイクルのすべての段階において対外的にも高い評価をいただいてきました。
 今後も「商品」と「モノづくり」を通じて、持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

気候変動への対策商品の開発(耐風シャッターGR)

 近年、日本に上陸する台風の大型化が進み、2018年の台風21号(瞬間最大風速58.1m/s)、2019年の台風15号(瞬間最大風速57.5m/s)は、各地に甚大な被害をもたらしました。
 そのような気候変動への対策として、耐風性能を高めた窓やシャッター、カーポートなどの開発に取り組んでいます。
 耐風シャッターGRは、風速62m/s時に風下側で発生する風に引っ張られる風圧力(負圧)に耐えることが可能な「耐風圧性能1200Pa」を確保し、標準シャッターに対して1.5倍の強度を実現しています。また、強風による飛来物の衝突性能として、重さ3kgの木材が時速55kmで衝突しても、シャッター部によって窓ガラスの割れを防ぎます。台風から窓を守るために必要なこの2つの性能を保持した耐風シャッターGRで防災・減災が可能です。​​​​

■標準シャッターの2ランク上の耐風圧性能を実現

さまざまな技術と工夫により耐風圧1,200Paを実現。これは窓でいえば耐風圧2,400Paすなわち等級S-5に相当します。風速換算値は62m/sとなります。

換気効果を高める商品の情報発信

 新型コロナウイルスの感染防止対策を受けて、「換気」に対する関心が高まっています。換気とは室内の汚れた空気を排出して、室外の新鮮な空気を取り入れることです。
 YKK APでは、窓を閉めたままでも換気ができる機能や、玄関ドアを閉めたままでも換気ができる通風ドアなど、様々な換気機能を持つ商品の開発を進めています。また、季節に合わせた換気方法や、換気効率が高くなる窓えらび、通風のシミュレーションなど、換気に関する様々な情報を発信しています。​​

モノづくり

自社CO2排出量削減(Scope1+2)、エネルギー原単位削減の取り組み

 事業活動による⾃社からのCO2排出量を削減する取り組みとして、省エネ投資と運⽤改善、全員参加の省エネ活動を推進しています。2020年度は、省エネ関連で約4.4億円(YKKグループ環境会計ガイドラインに基づく)の投資により、⽣産設備の更新・ロボット化による⽣産性の向上、照明・ポンプ・空調・変圧器のトップランナー機器への更新による⾼効率化を実施しました。
 運⽤改善では、全国の⼯場で実施している省エネ事例を共有するとともに、各拠点の実施状況を⾒える化し、省エネをやりきる活動を推進しており、2020年度は国内全24製造拠点で実施しました。
 今後の中期環境政策では、再生可能エネルギー投資を従来の約3倍に拡大するなど、カーボンニュートラル実現に向けてこれまで以上に取り組みを強化してまいります。

山梨工場での自家消費型再生可能エネルギー導入

YKK AP中国社 深圳工場での自家消費型再生可能エネルギー導入

サプライチェーンCO2排出量削減(Scope3)の取り組み

□サプライチェーンCO2排出量算定の取り組み

 YKK APは2013年度から毎年、環境省「グリーン・バリューチェーンプラットフォーム」で算定の取り組み(目的・活用方法・算定方法・算定結果)を掲載しています。

□購入した製品・サービスの取り組み

 YKK APのScope3におけるCO2排出量の9割近くを原材料調達が占め、特にアルミ窓のフレームに使用するアルミ地金の調達(採掘~精錬~海外輸送)の影響が高くなっています。アルミ再生地金の利用率を高めるとともに、樹脂窓の普及を推進することにより、サプライチェーン全体のCO2排出量を継続的に削減します。

□物流の取り組み

 YKK APは、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、持続可能な物流の実現に向けた自主行動宣言を事務局へ提出し、賛同企業として公表されています。この活動を通じ、物流の効率化や生産性向上に向けての取り組みをさらに推進します。

YKK APの自主行動宣言内容

No. 取組項目 取組内容
1 パレット等の活用 バラ積みからパレット積みの比率を上げ、荷役時間の削減を図ります
2 発荷主からの入出荷情報等の事前提供 入出荷日付情報を事前に提供することにより、荷さばき・検品作業の効率化を図ります
3 集荷先や配送先の集約 他社との共同配送を提案し、配送効率向上を図ります
4 納品日の集約 隔日配送化を推進し、配送回数の削減を図ります
5 異常気象時等の運行の中止・中断等 異常気象が発生した際やその発生が見込まれる際には、物流事業者と協議し、無理な運送依頼は行いません
6 車両の大型化 まとめ輸送により輸送回数の削減を図ります

積載効率向上のために導入したダブル連結トラック