YKK AP

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

環境戦略と指標

環境に関する社会的評価

「北海道グリーン・ビズ認定制度」の創意あふれる取組部門に認定

 「APW 430」の省エネ効果と普及活動が北海道での環境配慮への取り組みとして認められ、2020年4月、住宅本部北海道支社が「北海道グリーン・ビズ認定制度」の特別枠「創意あふれる取組部門」で認定されました。本認定制度は環境に配慮した自主的な取り組みを実施し、北海道の環境の保全及び創造に貢献する事業所等を北海道が登録・認定するものです。

  • 北海道グリーン・ビズ認定制度
    「創意あふれる取組部門」認定証

  • 「APW 430」

水資源保護の取り組みが評価され「Clean Water Heroes」選出

 YKK APアメリカ社ダブリン工場は、2020年10月、米国ジョージア州水質保護連合が主催する「Georgia’s 2020 Clean 13 Report」で、水資源保護に取り組む団体として「Clean Water Heroes」に選出されました。
 ダブリン工場では、社内で発生するアルミ廃棄物や製造工程における副産物の再資源化に取り組んでおり、さらに工場の水使用量を5年間で16%削減していること、工場からの排水中の規制物質を80~90%除去し、得られた副産物をリサイクルしていることが評価されました。

  • ダブリン工場の排水処理システム

  • 古紙リサイクルの様子

環境貢献により「企業格付けブルー」を獲得

 YKK APインドネシア社は、2020年12月、インドネシア環境林業省による企業格付プログラム「PROPER」でブルーを獲得し、環境大臣より表彰されました。PROPERは、上位からゴールド、グリーン、ブルー、レッド、ブラックの順で格付けしており、インドネシアでの環境に関する評価として最も権威のあるものの一つです。
 マングローブの植林や水産養殖と水耕栽培を掛け合わせたアクアポニックスの支援活動、プラスチックごみを減らすための弁当箱の寄贈など、環境活動に積極的に取り組んでおり、こういった活動が評価につながりました。

  • 貴重なマングローブを保護するための活動

  • ナマズとヨウサイを地元住民に提供するアクアポニックス支援活動