YKK AP

健康経営

当社では、従業員の健康を経営課題として捉えています。実行力をともなって健康経営に取り組むことを明確に社内外に伝えるために、「健康宣言」を制定し、従業員の健康づくりを⼀層推進していきます。

健康宣言

YKK AP株式会社は、従業員が誇りと喜びを持って働ける会社でありたいと考えています。その前提には、従業員と家族の心と身体の健康保持・増進があり、そのことで従業員一人ひとりの個性や能力が最大限に発揮され、企業の発展や社会への貢献に繋がると考えています。この考えの下、会社・健康保険組合・従業員・家族が一体となって、健康づくりを推進していきます。

2018年3月
YKK AP株式会社 代表取締役社長
堀 秀充

健康推進基本方針/行動目標

健康推進基本方針

YKKグループは、従業員の健康を会社の重要な財産であると考え、全ての従業員が心身ともに健康で働き続けることを支援し、生活習慣病の減少やメンタル疾患の抑制など、従業員と一体になって健康づくりに取組みます。

行動目標

1. 生活習慣病の減少に向けて取組む
2. メンタル疾患の抑制に向けて取組む
3. 病気の治療と仕事の両立支援に向けて取組む

全国の健康管理センター、産業医体制により予防と治療の両立を進めています。生活習慣病予防では、健診事後措置実施の向上、健保組合と協働による⽣活習慣改善の促進に加え、健康管理支援システムを活用した従業員の健康度評価により健康管理の質の向上に努めています。また、全社で「受動喫煙ゼロに向けた職場づくり」を進めています。メンタル疾患予防では、ストレスチェック制度を利用したセルフケアの支援、職場環境改善を進めるとともに、メンタルヘルス研修の拡充を図っています。