YKK AP

HOME会社案内サステナビリティ経営サステナビリティストーリー YKK APのつくる未来①

サステナビリティストーリー
YKK APのつくる未来①

窓をもっと面白いと感じていただくために取り組んでいるのが、「未来窓プロジェクト」です。
未来の住宅に必要とされる窓から玄関ドアにも範囲を広げ、新しい価値を提供していきます。



窓から世界をつなぐ
未来の窓を考える

窓は住まいの心地よさを左右する重要な要素です。しかし、家を新築する際に、トイレやキッチンなどと比べるとどうしても後回しにされがちなのが現状です。そこで、当社では窓をより身近に感じていただくために何ができるのかを考え、「未来窓プロジェクト」を始めました。2016年には、コンセプトモデル「M.W(MODULEWINDOW)」を発表しました。デジタル技術を活用した「M.W.」は、「映し」「光」「空気」という3つのテーマで未来の窓をイメージしたもので、発表後にはメディアでも話題になりました。翌2017年には「窓が情報を持ったなら」という想定のもと、AIスピーカーと連携した家電の操作や室内外の空気環境に応じた自動換気機能、テレビ電話や電子メモ機能を持つ「Window with Intelligence」のプロトタイプを開発。透明有機ELを樹脂製窓フレームに組み込み、当社ならではの窓に対する技術、知識、こだわりを外部のクリエイティブ集団とともに具現化したモデルです。


社会課題も解決する
未来のドア

また、窓と同様にさまざまな可能性を秘めているのが玄関ドアです。私たちは、玄関を重要なコンタクトポイントとして考え、2018年には玄関ドアにAI機能を持たせた「UPDATE GATE」を発表しました。顔認証によって利用者を判別し、お出掛け前の家族それぞれに必要な交通情報やお天気情報などを伝える他、帰宅時の自動開閉や子どもの帰宅通知、来訪者の通知などが可能となります。「通るたび、毎日をアップデート」というコンセプトのもと、高齢者や子どもの安全といった社会課題をも解決するドアです。今後も未来の社会が求める商品を提案していきます。


「未来窓プロジェクト」特設サイト
「M.W.」 http://module-window.jp/
「Window with Intelligence」 http://window-intelligence.jp/
「UPDATE GATE」 https://update-gate.jp/


サステナビリティ
ストーリー