ホテルの開口部からおもてなし
快適な客室環境を実現する
宿泊施設向け『断熱』のご提案

宿泊施設

宿泊施設イメージ
ここからは商品の魅力を
開発担当者がご説明します。

宿泊施設向け 断熱提案

HOTEL MADO

断熱

高断熱の窓が外気の影響を抑え、窓辺のひんやりを解消します。
マルチチャンバー構造とLow-E複層ガラスで高断熱に。
マルチチャンバー構造

フレームの中空層を増やすことで、熱を伝えにくくし、枠・障子の断熱性能がさらに向上。

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

室内側のガラスに特殊金属をコーティングすることで、暖かい太陽光を取込み、室内の暖房熱が逃げにくくなる、高い断熱性能を持つガラス仕様です。

樹脂フレームとLow-E複層ガラスの相乗効果で、室外の寒さが伝わりにくい。

高い断熱性能を発揮する樹脂窓のHOTEL MADOは、熱が伝わりにくく、冬でも窓の表面温度があまり下がりません。

[算出条件](JIS A 2102設定値)室外側温度:0℃、室内側温度:20℃、湿度:50%、露点温度:9.3℃、室外側表面熱伝達率:25[W/(㎡・K)]、室内側表面熱伝達率:7.69[W/(㎡・K)]

防露

窓表面の温度変化を抑えて結露を防ぎ、いつも眺めの良い部屋へ。

樹脂フレームとLow-E複層ガラスの効果で、結露の発生を抑えます。

遮音

遮音性にも優れた窓で、静かな客室を実現します。

HOTEL MADOは、複層ガラスによる優れた遮音性と気密構造を活かし、遮音性T-3(35等級)を確保。室外の騒音をカットし、静かで快適なステイを実現します。
※人間の耳は10dB下がれば、音が半分に減ったように感じると言われています。

※音域によって防音効果が異なります。また、室内の音環境は壁など建物の性能にも影響を受けます。

省エネ

冬の寒さや夏の暑さを抑えて、室内の温度を一年中快適に保ちます。

窓の断熱性を高めることが、冷暖房費の節約につながります。

※建物の条件により得られる数値は異なりますので目安としてご利用ください。
※上表の冷暖房費は百円未満を四捨五入した数値です。
【算出条件 冷暖房費】(2018年10月時点) 解析No.:00005
建築の温熱環境シミュレーションプログラム「AE-Sim/Heat」[(株)建築環境ソリューションズ]を用いて算出した年間冷暖房負荷をエネルギー消費量、冷暖房費に換算。
●気象データ:「拡張 アメダス気象データ」2000年版標準年/(一社)日本建築学会。
●計算地点:札幌(2地域)、東京(6地域)、福岡(7地域)。
●住宅モデル:ホテル中間階中側/延床面積:11.13㎡/開口面積: 1㎡(札幌・東京・福岡)。
●開口部の仕様:※1 アルミサッシ(複層ガラス(A10以上))、※2 HOTEL MADO(Low-E複層ガラス(断熱タイプ)ニュートラル)。
●遮蔽物:レースカーテンを併用。
●空調設定:冷房:25℃・60% 暖房:24℃
●空調運転方法:連続運転(暖冷房負荷計算)
●電気料金単価:27円/kwh(税込)[(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会新電力料金目安単価]
※1 【熱貫流率】仕様に応じた開口部の熱貫流率を使用。【日射熱取得率】ガラス種別及び付属部材に応じた日射熱取得率を使用。
※2 【熱貫流率】JIS A 2102より求めた熱貫流率を使用。【日射熱取得率】JIS R 3106より求めた日射熱取得率を使用。

清掃

内開き仕様の窓なので、安心してお掃除ができ、メンテナンスもラクラク。

窓が内側に大きく開くので、窓の外側もかんたんに拭き掃除できます。

清掃時
内開き窓、内倒し・内開き窓共通
障子がヨコに大きく開く、内開きでの開閉が可能。窓の外側も、室外に身を乗り出すことなく安全に清掃できます。
換気時
内開き窓の場合
ハンドルを90°回転して開くと、開口制限ストッパーにより開き角度が制限されます。人や物の転落を回避し、安全な換気が行えます。
内倒し・内開き窓の場合
ハンドルを90°回転して開くと、障子がタテに傾く、内倒しでの換気が可能。人や物の転落を回避し、安全な換気が行えます。

カラーバリエーション

HOTEL MADOは内観1色、外観4色のバリエーションをご用意。さまざまなタイプの建物に調和します。
外観色:プラチナステン
外観色:ブラック

商品仕様

冬の寒さや夏の暑さを抑えて、室内の温度を一年中快適に保ちます。

窓の断熱性を高めることが、冷暖房費の節約につながります。

HOTEL MADO
※各性能は、窓種や使用するガラス等の条件により異なります。

HOTEL DOOR

宿泊される方に『安心』『快適』な客室空間を提供するHOTEL DOORの優れた機能

ボトムエアタイト

音も光も漏らさず快適

気になる室内の音やときに睡眠を妨げる要因にもなる廊下の音をしっかり遮断。大切なプライバシーを保ちます。 さらに音だけではなく、消灯時に気になる通行者の影、廊下の光漏れも防ぐなど、安心・快適な室内環境を提供します。

ボトムエアタイトの構造
扉を閉じると吊元側の調整ロッドが押され、下框からAT材が出てくる構造により、遮音効果を高めます。
ボトムエアタイトのAT(エアタイト)材が下枠に当たり、しっかり遮音

段差無しフラット枠

つまずき・引っかかりを抑えて安心

下枠を段差のないフラットにすることで、つまずきを防ぐことはもちろん、車いす、ベビーカーの使用時や荷物の出し入れ時の引っかかりに配慮。バリアフリー化の推進に対応しています。

端部 隙間塞ぎ材

わずかな光漏れも防止

扉を閉じた際、両端部からの光漏れを防ぎます。

開力軽減ドアクローザー

スムーズな開閉

一般的なドアクローザーよりも1ランク上の開力軽減ドアクローザーを標準設定。密着性が高いボトムエアタイト使用時でもスムーズに開閉ができます。

デザイン一覧

F1
M7
M8
ページトップへ