快適な教室環境の創造と
防災拠点としての感染症対策配慮
教育施設向けの『換気通風』のご提案

教育施設

教育施設イメージ
ここからは商品の魅力を
開発担当者がご説明します。

教育施設向け
換気・通風提案
防災拠点としての体育館の安全換気

EXIMA 31 バランスウェイ

建物全体を自然換気する
「バランスウェイ」

「バランスウェイ」は、建物全体での換気を行うために、建物の上部に設置し使用します。
風の強さに合わせて、障子が自然に可動し、逆風の吹込みを抑えることで風の通り道をつくり、建物全体での効率の良い換気を実現します。

使用の流れ

「バランスウェイ」のしくみ

建物の上部に設置

建物の室内外の温度差による自然エネルギーを活用するため、バランスウェイは主に建物上部に設置します。

無風のときは重力換気により排出

障子は開放状態(45°)を保持します。室内で暖められた空気は重力換気により排出されます。

順風のときは効率的に排出

障子は開放状態(45°)を保持します。室内で暖められた空気は外部の風に引っ張られ効率的に排出されます。

逆風のときは吹込みを抑制

障子は風を受け、閉じる方向へ可動します。これにより室外の強風が室内へ吹込むことを抑制します。

「バランスウェイ」が実現する
4つのポイント

建物特性を利用した効率的な換気
温度差による「重力換気」

「バランスウェイ」を建物上部に設置することで暖められた空気を排出。建物全体の換気を効率的に行います。

自然の風力による「風力換気」

風が吹いている際、風上側では障子が閉まり風の吹込みを抑制します。風下側は風に引っ張られて障子が開き排出が促されます(誘引換気)。

温度差による「重力換気」

「バランスウェイ」を建物上部に設置することで暖められた空気を排出。建物全体の換気を効率的に行います。

導入のポイント
空間の連続性を活かせる建物に好適

「バランスウェイ」は重力換気を利用する自然換気窓です。各部屋~廊下~階段室までの仕切りがないような、空間が連続した建物で効率的に換気できます。

スイッチ操作とセンサー感知で
簡単便利
簡単なスイッチ操作で制御

下記のような方法で開放・閉鎖を行います。

ご使用方法
【開放時】
操作切替ボタン操作で「自動」に切替。(障子が開き、各種センサーとの連動制御を開始します)
【閉鎖時】
操作切替ボタン操作で「手元」に切替後、「閉」ボタン操作※。(障子が閉じ、各種センサーとの連動制御を終了します)
※閉ボタンはメンテナンス時等に使用します。
降雨センサー・風力センサーによる感知

降雨時、強風時にはセンサーが感知して、自動で障子を閉鎖します。雨、風がおさまると再び障子を開放します。

導入のポイント
専門技術者がいなくてもOK

「バランスウェイ」の操作は簡単で、手間がかかりませんので、専門技術者がいなくても運用していくことが可能です。

停電時にも自然換気が可能
ハンドル操作で窓を開閉

「バランスウェイ」は通常、使用開始時にスイッチ操作(電動)で窓を開き、その後は自然エネルギーを活用し換気を行い、使用終了時にはスイッチ操作(電動)で閉じます。万一、災害時等に電力供給が停止した際には、ハンドル操作(手動)で窓を開閉することができますので、通常時と変わらず自然換気を行うことができます。

導入のポイント
電力供給がストップしても

台風や洪水、土砂崩れ、地震、津波、竜巻等、日本はさまざまな災害に見舞われるリスクがあります。「バランスウェイ」はハンドル操作(手動)により窓を開閉することが可能ですので、災害時に電力供給がストップしても使用し続けることができます。

閉じている時の
省エネ・快適性にも配慮
中間空気層12mm複層ガラス対応

熱負荷軽減に効果的な空気層12mm複層ガラスにも対応可能なガラス溝幅をご用意しております。断熱性の高いA12複層ガラスに対応することで、窓が閉じている時の快適性にも配慮しています。

導入のポイント
1年を通しての省エネ実現

「バランスウェイ」を中間空気層12mm複層ガラス対応とすることで、換気を行わないときの省エネにも貢献します。春秋は自然換気、夏冬は中間空気層12mm複層ガラスにより年間を通しての省エネに貢献します。

教育施設向け
換気・通風提案
コロナ禍における
これからの教室換気

内窓プラマードU

樹脂と空気層で
ダブルの断熱効果。
室内空間をより快適に。

WS10E

可動網戸 WS10E型

主に引違い窓に取り付け、障子を開けたときスライドさせて使用する可動網戸です。大開口、複層ガラス障子にも対応可能です。
はずれ止め部品

WS10E型のはずれ止め部品は、自動ロック機構付きです。網戸吊り込み時に自動でロックがかかり、はずれ止めのかけ忘れを防ぎます。色表示により、ロック状態を確認できます。

上部はずれ止め金具の確認

網戸吊り込み後、必ずはずれ止めがセットされているかご確認の上、ご使用ください。網戸上部のはずれ止め部品に、緑色のツマミが見えていればセットされている状態です。

建付調整

左右の戸車調整用ねじをドライバーで回すことにより、網戸を上下することができます。

安心への配慮

自走防止金具オプション設定

サッシたて枠と網戸をブラケットとねじで固定する部品です。網戸を常時片側に固定し、網戸の自走を防ぎます。

自走防止ストッパー(引分け窓用)オプション設定

引分け窓用可動網戸の自走防止部品です。枠中央に取り付けたストッパーと左右の網戸をつなぎ合わせる自走防止ストッパーにより網戸の自走を防ぎます。

万一の際には外から解錠できる仕様です。
自走防止ストッパー(自動式)オプション設定

サッシたて枠に取り付ける部品です。網戸をたて枠側へ最後まで引き寄せると、網戸たてかまち側の受けにスライダーが乗り上げ、自動でロックがかかります。網戸の自走を防ぐ部品です。
*EXIMA 31用可動網戸WS10E型のみのオプションとなります。

自走防止ストッパー(手動式)オプション設定

サッシたて枠に取り付ける部品です。手動によるつまみ操作でロック・解除を切り替えられます。網戸の自走を防ぐ部品です。

クリアネット網戸

快適さへの配慮

クリアネット

クリアネットは合成樹脂ネットより、眺望性、通風性、防虫性、メンテナンス性が向上した網戸ネットです。ビル用可動網戸WS10E型・WS10型、室内付可動網戸WS11型と固定網戸WS40型・WS41型のオプション設定の網戸です。

※画像は比較イメージです
眺望性:よりクリアな眺めに。

糸の線径は0.15㎜。合成樹脂ネットの6割の細さを実現。ネットが見えにくくなるため、景色がクリアに見え、空間に開放感を与えます。

通風性:さわやかな風をより多く。

細い線径で、風の通る面積を大きくすること、風の抵抗を小さくすることを実現し、合成樹脂ネットより通風量が約2割多くなります。
※通風量は当社試験結果より

防虫性:虫がより入りにくく。

クリアネットの網目を18メッシュから24メッシュヘ細かくし、開口0.9㎜角を実現。小さい虫の進入をより防ぐことができます。
※メッシュ:1インチ(25.4㎜)間の網目の数を表す単位

メンテナンス性:お掃除が手軽に。

糸と糸の交差部を融着する技術により、ホコリが隙間に入りにくい構造にしました。凹凸も小さくなり、お掃除がより手軽になりました。

窓の種類や設置環境に応じた
豊富なバリエーションをご用意

さまざまな窓種に対応した網戸をはじめ、便利で機能的な商品を多数ラインアップしています。
[各窓種対応網戸一覧]
※1:EXIMA 77・YBS・YDS・YDBSの場合
※2:EXIMA 31・31Wb・32・37の場合
ページトップへ