YKK AP

商品のお手入れ方法

玄関ドア・勝手口ドア

ドアの開け閉めを快適にする

ドアの開け閉めがスムーズでない場合、ドアの上部のドアクローザーやアームストッパーを調整することで改善できる場合があります。

POINT

快適・安全にドアを閉める
「ドアクローザー」「アームストッパー」

●ドアクローザー

開いたドアをゆっくり自動的に閉める装置です。

・閉まり方が速すぎたり遅すぎる場合、閉まる速度を調整できます。
ドアの閉まる速度の調整方法

・ゆるんだドアクローザーの取り付けネジをしめつけることで解消する場合もあります。
ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法

●アームストッパー(勝手口ドア)

ドアを開けた時に一定の位置で止める金物です。ドアの開閉が重すぎたり、軽すぎたりする場合は調整可能です。
アームストッパーの調整方法

POINT説明画像 ドアの開閉区間を図示 ドアクローザー本体にあるラベル表示も参考にしてください。

ドアの閉まる速度の調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

かんたんドアリモ 玄関ドア D30も、こちらの手順で行ってください。

1. 第1速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁①をまわして、第1速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順1画像

2. 第2速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁②をまわして、第2速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順2画像

3. 第3速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁③をまわして、第3速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順3画像

1. 第1速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁①をまわして、第1速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順1画像

2. 第2速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁②をまわして、第2速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順2画像

3. ラッチングアクションの角度を調整する

マイナスドライバーでラッチングアクションの角度を調整します。(通常はシールで封印されています。不要意にさわらないでください)

ラッチングアクションの角度を必要以上に大きくしないでください。角度が大きいまま使用すると、指などをはさみやすくなり、けがをするおそれがあります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順3画像

1. 第1速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁①をまわして、第1速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順1画像

2. 第2速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁②をまわして、第2速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順2画像

3. 第3速度区間の速度を調整する

プラスドライバーで速度調整弁③をまわして、第3速度区間の速度を調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下したりするおそれがあります。
調整弁(ネジ)をまわしすぎないでください。油漏れを起こす可能性があります。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順3画像

1. ドアを開けて固定する

83°以上開けると、任意の位置でドアが固定されます。

2. カバーをはずす

ドアクローザーのカバーを手前に引いてはずします。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順2画像

3. ドアが閉まる速度を調整する

マイナスドライバーで速度調整ネジをまわしてドアが閉まる速度を調整します。

・時計回りで遅くなります。
・反時計回りで速くなります。

ネジを2回転以上まわさないでください。ネジがはずれ、ドアクローザー内部の油がもれるおそれがあります。油がもれるとドアクローザーの機能が失われますので、ご注意ください。

ドアの閉まる速度の調整方法 手順3画像

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

かんたんドアリモ 玄関ドア D30も、こちらの手順で行ってください。

1. ドアを開ける

ドアクローザーのブラケット取り付けネジが見える位置までドアを開けてください。

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法 手順1画像

2. ブラケット取り付けネジをしめる

プラスドライバーでブラケット取り付けネジを時計回りにまわしてしめつけます。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下するおそれがあります。

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法 手順2画像

1. ドアを開ける

ドアクローザーのブラケット取り付けネジが見える位置までドアを開けてください。

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法 手順1画像

2. ブラケット取り付けネジをしめる

プラスドライバーでブラケット取り付けネジを時計回りにまわしてしめつけます。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下するおそれがあります。

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法 手順2画像

3. 本体取り付けネジをしめる

プラスドライバーで本体取り付けネジを時計回りにまわしてしめつけます。

ネジは絶対にはずさないでください。ネジを紛失したり、部品が落下するおそれがあります。

ドアクローザーの取付けネジのしめつけ方法 手順3画像

アームストッパーの調整方法(勝手口ドア)

調整ネジをまわす

ドアを開けて、ドライバーでアームストッパーの調整ネジをまわして開閉の重さを調整します。(ドアを開閉する際少し抵抗を感じる程度)

・時計回りにまわすと重くなります。
・反時計回りにまわすと軽くなります。

アームストッパーの調整方法 手順画像

※このページの情報は2020年4月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2020年4月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。