YKK AP

商品のお手入れ方法

室内ドア

建付けやスキマを直す

ドアが枠や床に当たったりこすれたりして開け閉めしにくい場合、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

建付けの悪さは、扉の傾きやズレが原因と考えられます。扉を枠に固定している「ピボットヒンジ」または「丁番」を調整して改善できます。

※採光ユニットの開き窓、戸襖ドア、和襖開き戸も同じ手順で調整できます。

POINT説明画像 ピボットヒンジと丁番の位置を図示
扉が上枠や床にぶつかる場合

扉の位置が上すぎる、または下すぎると考えられます。
ピボットヒンジまたは丁番を上下方向に調整してください。

上下方向の調整方法

POINT説明画像 扉が上枠や床にぶつかる様子
扉が左右の枠にぶつかる場合

扉が傾いていると考えられます。
ピボットヒンジまたは丁番を左右方向に調整してください。

左右方向の調整方法

POINT説明画像 扉が左右の枠にぶつかる様子
扉が前後に傾いている場合

ピボットヒンジまたは丁番を前後方向に調整してください。

前後方向の調整方法

POINT説明画像 扉が前後に傾いている様子

オプション部品「ボトムエアタイト」もチェック

ボトムエアタイトは、ドアと床のすき間を調整するための部品です。ドアを閉めると調整ロッドが押され、ドアの下にボトムエアタイトが出る仕組みになっています。すき間風が気になる場合は、ボトムエアタイトの高さを調整してください。

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法

POINT説明画像 扉下部のボトムエアタイトの位置を図示

建付け調整方法(上下)

仕様によって方法が異なります。

カバーの脱着を繰り返すとカバーの引っかかりが弱くなり、カバーがはずれやすくなります。お子様がはずしたりしないようご注意ください。

1. 下ピボットのカバーをはずす

建付け調整方法(上下) 手順1画像

2. ドアの高さを調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわしてドアの高さを調整します。
・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。

建付け調整方法(上下) 手順2画像

3. 下ピボットのカバーをはめる

建付け調整方法(上下) 手順3画像

1. 上部丁番のリングを上げる

建付け調整方法(上下) 手順1画像

2. 下部丁番のキャップをはずす

建付け調整方法(上下) 手順2画像

3. ドアの高さを調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわしてドアの高さを調整します。
・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。
※ 調整範囲は±2.5mmです。
※ 重量のあるドアの場合、ドアを持ち上げた状態で固定すると調整しやすくなります。

建付け調整方法(上下) 手順3画像

4. 下部丁番のキャップをはめる

建付け調整方法(上下) 手順4画像

5. 上部丁番のリングを下げる

建付け調整方法(上下) 手順5画像

建付け調整方法(左右)

仕様によって方法が異なります。

上下のピボットヒンジを調整してください。片方のみ調整すると、ドアが斜めに調整されます。

カバーの脱着を繰り返すとカバーの引っかかりが弱くなり、カバーがはずれやすくなります。お子様がはずしたりしないようご注意ください。

1. 上下ピボットのカバーをはずす

※ 上のピボットカバーは下向きにはずしてください。

建付け調整方法(左右) 手順1画像

2. ドアの傾き(左右)を調整する

プラスドライバーで上下ピボットの調整ネジをまわしてドアの傾き(左右)を調整します。
・時計回りで吊元側へ移動します。
・反時計回りで戸先側へ移動します。

建付け調整方法(左右) 手順2画像建付け調整方法(左右) 手順2画像

3. 上下ピボットのカバーをはめる

※ 上のピボットカバーは上向きにはめてください。

建付け調整方法(左右) 手順3画像

上下の丁番を調整してください。片方のみ調整すると、ドアが斜めに調整されます。

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジ(2か所)をゆるめます。

建付け調整方法(左右) 手順1画像

2. ドアの傾き(左右)を調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわしてドアの傾き(左右)を調整します。
・時計回りで戸先側へ移動します。
・反時計回りで吊元側へ移動します。

建付け調整方法(左右) 手順2画像建付け調整方法(左右) 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

プラスドライバーで固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

建付け調整方法(左右) 手順3画像

調整後は、丁番を垂直にして固定ねじを締め付けてください。
丁番が傾いた状態で使用すると異音が発生するおそれがあります。

※ 丁番には1mm刻みで、目盛りがついています。上下の目盛りをあわせることで丁番を垂直に固定できます。

建付け調整方法(左右) 注意事項画像

建付け調整方法(前後)

1. 丁番の固定ネジをゆるめる

プラスドライバーで上下の丁番の固定ネジ(上5か所、下4か所)を反時計回りにまわしてゆるめます。
※ネジがかたい場合は、ドアを持ち上げながらまわすとまわしやすくなります。
※ スクリーンパ-ティションの場合は上部の固定ネジも4か所です。

建付け調整方法(前後) 手順1画像 上部5か所、下部4か所の固定ネジの位置を図示

2. ドアの前後位置を調整する

ドアを持って前後位置を調整します。

3. 固定ネジをしめる

ドアの位置を固定した状態でプラスドライバーで固定ネジ(上5か所、下4か所)を時計回りにまわしてしめます。
※スクリーンパ-ティションの場合は上部の固定ネジも4か所です。

調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

建付け調整方法(前後) 手順3画像

1. ヒンジの固定ネジをゆるめる

プラスドライバーでヒンジの固定ネジ(上6か所、下6か所)を反時計回りにまわしてゆるめます。

ネジは2回転以上ゆるめないでください。扉がはずれるおそれがあります。

ネジは絶対にはずさないでください。枠内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

建付け調整方法(前後) 手順1画像 上ヒンジ6か所、下ヒンジ6か所の固定ネジの位置を図示

2. ドアの前後位置を調整する

ドアを持って前後位置を調整します。

3. 固定ネジをしめる

ドアの位置を固定した状態でプラスドライバーで固定ネジ(上6か所、下6か所)を時計回りにまわしてしめます。

調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。ヒンジが破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

建付け調整方法(前後) 手順3画像

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジ(2か所)をゆるめます。

建付け調整方法(前後) 手順1画像

2. ドアの前後位置を調整する

プラスドライバーで前後調整ネジをまわしてドアの前後位置を調整します。
・時計回りで前へ移動します。
・反時計回りで後ろへ移動します。

建付け調整方法(前後) 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

プラスドライバーで固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

調整後はすべての固定ネジを確実にしめてください。丁番が破損したり、ドアが脱落するおそれがあります。

建付け調整方法(前後) 手順3画像

調整後は、丁番を垂直にして固定ねじを締め付けてください。
丁番が傾いた状態で使用すると異音が発生するおそれがあります。

※ 丁番には1mm刻みで、目盛りがついています。上下の目盛りをあわせることで丁番を垂直に固定できます。

建付け調整方法(前後) 注意事項画像

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法

1. ドアを開けて固定する

2. ボトムエアタイトの高さを調整する

マイナスドライバーで調整ロッドをまわしてボトムエアタイトと床との距離が5~15mmになるよう調整します。
・時計回りで出が小さくなります。
・反時計回りで出が大きくなります。

※ ドアを閉めた時、ボトムエアタイトが床面に当たるように調整してください。

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法 手順2画像

※このページの情報は2020年5月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2020年5月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。