YKK AP

商品のお手入れ方法

室内引戸・間仕切(スライディングタイプ)

建付けやスキマを直す

引戸がスムーズに開閉しない。閉めてもスキマができる。それは、引戸が傾いているためかもしれません。

POINT

原因は扉のズレや傾き

開閉の不具合やすき間ができるのは、扉の取付け位置がずれていたり傾いていると考えられます。
引戸や間仕切(スライディングタイプ)には、大きく分けて「上吊りタイプ」と「ラウンドレールタイプ」があり、調整箇所・方法が異なります。

POINT説明画像 床面にレールのない「上吊りタイプ」、下枠レールのある「ラウンドレールタイプ」
タテ枠と引戸にすき間ができる

引戸を閉まりやすくする部品「上レールキャッチ」に問題がある可能性があります。上レールキャッチの位置を調整してください。

上レールキャッチの左右調整方法

また、閉めた引戸が開いてしまったり、閉めにくくなった場合は、上レールキャッチの開閉力を調整してください。

上レールキャッチの開閉力調整方法

※ソフトクローズ機構付きの場合、上レールキャッチはありません。

POINT説明画像 タテ枠と引戸にすき間ができる様子
袖壁と引戸にすき間ができる

中方立に沿ってついた繊維状の部品「モヘア」の長さを調整することで、適度にすき間をふさぐことができます。
※間仕切にはモヘアがありません。

中方立モヘアの調整(室内引戸のみ)

POINT説明画像 袖壁と引戸にすき間ができる様子(平面図も)
上や下にすき間ができる

引戸が傾いていると考えられます。吊車や戸車を上下に調整して高さを揃えてください。

上吊りタイプの場合(吊車の調整)

ラウンドレールタイプの場合(戸車の調整)

POINT説明画像 上や下にすき間ができる様子
引戸同士がぶつかる

引戸同士が近すぎると考えられます。吊車や戸車を前後に調整して引戸同士を引き離してください。
※スクリーンパーティションは戸車の前後の調整はできません。

上吊りタイプの場合(吊車の調整)

ラウンドレールタイプの場合(戸車の調整)

POINT説明画像 引戸同士がぶつかる様子(平面図も)

上レールキャッチの左右調整方法

1. 引戸を開け、ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわしてネジ(2か所)をゆるめます。

上レールキャッチの左右調整方法 手順1画像

2. 左右位置を調整する

タテ枠と引戸にすき間ができないように上レールキャッチの左右位置を調整します。

上レールキャッチの左右調整方法 手順2画像

3. ネジをしめる

プラスドライバーを時計回りにまわしてネジ(2か所)をしめます。

上レールキャッチの左右調整方法 手順3画像

上レールキャッチの開閉力調整方法

1. 引戸を開け、中央のネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわしてネジをゆるめます。

上レールキャッチの開閉力調整方法 手順1画像

2. 開閉力を調整する

プラスドライバーでネジを直接移動させて開閉力を調整します。

・戸先側に動かすと強まります。
・戸尻側に動かすと弱まります。

上レールキャッチの開閉力調整方法 手順2画像上レールキャッチの開閉力調整方法 手順2画像

3. ネジをしめる

プラスドライバーを時計回りにまわしてネジをしめます。

上レールキャッチの開閉力調整方法 手順3画像

中方立モヘアの調整方法(室内引戸のみ)

モヘアの長さを調整する

中方立にある調整ネジをまわして引戸とモヘアのすき間が1~2mmになるよう調整します。
※調整ネジの●印がモヘア側にある時が最も出ている状態です。

中方立モヘアの調整方法(室内引戸のみ) 手順画像

吊車の上下調整方法(上吊りタイプ)

商品によって部品の形状や方法が異なります。

引戸を開け、引戸の高さを調整する

プラスドライバーで吊車の上下調整ネジをまわして引戸の高さを調整します。

・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。

※調整範囲は±3mmです。

吊車の上下調整方法(上吊りタイプ) 手順画像

引戸を開け、引戸の高さを調整する

プラスドライバーで吊車の上下調整ネジをまわして引戸の高さを調整します。

・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。

※調整範囲は上方向4mm、下方向1mmです。

吊車の上下調整方法(上吊りタイプ) 手順画像

FIX部の上下調整をする場合は、プラスドライバーでネジをまわしてはずし、ストッパーを取りはずしてから行ってください。

吊車の上下調整方法(上吊りタイプ) 手順画像

引戸を開け、引戸の高さを調整する

緩衝材をめくってから、プラスドライバーで吊車の上下調整ネジをまわして引戸の高さを調整します。

・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。

※調整範囲は±5mmです。

吊車の上下調整方法(上吊りタイプ) 手順画像

吊車の前後調整方法(上吊りタイプ)

引戸を開け、引戸の前後位置を調整する

プラスドライバーで吊車の上にあるネジをまわして引戸の前後位置を調整します。

・時計回りで側面から見て右へ移動します。
・反時計回りで側面から見て左へ移動します。

※ 調整範囲は±2mmです。

吊車の前後調整方法(上吊りタイプ) 手順1画像

引戸を開け、引戸の前後位置を調整する

プラスドライバーで引戸側面の前後調整ネジをまわして引戸の前後位置を調整します。

・時計回りで側面から見て右へ移動します。
・反時計回りで側面から見て左へ移動します。

※ 調整範囲は±2.5mmです。

吊車の前後調整方法(上吊りタイプ) 手順1画像

FIX部の上下調整をする場合は、プラスドライバーでネジをまわしてはずし、ストッパーを取りはずしてから行ってください。

吊車の前後調整方法(上吊りタイプ) 手順1画像

戸車の上下調整方法(ラウンドレールタイプ)

引戸を開け、引戸の高さを調整する

プラスドライバーで戸車調整ネジをまわして引戸の高さを調整します。

・時計回りで上がります。
・反時計回りで下がります。

※ 調整範囲は±3mmです。

戸車の上下調整方法(ラウンドレールタイプ) 手順画像

引戸を開け、引戸の高さを調整する

緩衝材をめくってから、「ラフォレスタ」同様に高さ調整を行います。

※ 調整範囲は上に3mm、下に5mmです。

戸車の上下調整方法(ラウンドレールタイプ) 手順画像

戸車の前後調整方法(ラフォレスタ ラウンドレールタイプ)

※スクリーンパーティションは戸車の前後の調整はできません。

引戸を開け、引戸の前後位置を調整する

プラスドライバーで戸車調整ネジをまわして引戸の前後位置を調整します。

・時計回りで側面から見て右へ移動します。
・反時計回りで側面から見て左へ移動します。

※ 調整範囲は±1.5mmです。

戸車の前後調整方法(ラフォレスタ ラウンドレールタイプ) 手順画像

マグネットガイドピンのお手入れ方法(上吊りタイプ)

1. マグネットガイドピンを引き上げる

マイナスドライバーをミゾに差し込み、マグネットガイドピンを引き上げます。

マグネットガイドピンのお手入れ方法(上吊りタイプ) 手順画像

2. 柔らかい布で拭く

マグネットガイドピンを引き上げながら、やわらかい布で拭きます。

マグネットガイドピンのお手入れ方法(上吊りタイプ) 手順2画像

3. マグネットガイドピンを下げる

清掃後、マグネットガイドピンを下げて収納します。

マグネットガイドピンのお手入れ方法(上吊りタイプ) 手順3画像

※このページの情報は2019年12月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2019年12月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。