YKK AP

商品のお手入れ方法

引違い窓/片引き窓/両袖片引き窓

ガタツキやスキマを直す

窓がスムーズに開閉しない。スキマ風でスースーする。それは、窓がまっすぐに立っていないためかもしれません。

POINT

窓の傾きは戸車で調整する

窓の下(各窓の左右両端)には、窓がレールをスムーズに走行するための車輪状の部品「戸車」がついています。開閉がガタついたり、閉めてもスキマができるのは、窓が傾いていることが考えられます。戸車の高さを調節してみましょう。

※戸車を調節した後には、あわせて下部摺動片の調整(下記)やクレセントの調整も行ってください。

戸車の調整方法

POINT説明画像 戸車の位置がおかしく窓が傾いている状態→戸車の高さを調整して窓がまっすぐに

スキマをふさぐ部品「下部摺動片」もチェック

不具合の原因は、窓とレールとの間のスキマをふさぐ部品「下部摺動片」にある可能性も。スキマをふさぎすぎると窓が動かしにくくなり、スキマを空けすぎると気密性が悪くなります。

下部摺動片の調整方法

POINT説明画像 スキマ風の通り道である窓の突合せ部にスキマをふさぐ下部摺動片

戸車の調整方法

戸車の調整ネジの位置や形状などは商品によって異なる場合があります。ここでは、窓タイプを例に説明します。

※エクステリア商品の引違い窓も、こちらの手順で行ってください。

戸車を調整する

プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を調整します。
※戸車を調整すると窓の高さが変わります。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順画像

テラスタイプはネジ穴の位置が異なります

戸車の調整方法 付記画像

※かんたんマドリモ アルミ樹脂複合窓も、こちらの手順で行ってください。

戸車を調整する

プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を調整します。
※戸車を調整すると窓の高さが変わります。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順画像

調整ネジ穴にキャップが付いている場合もあります。

キャップありタイプの場合は、穴ふさぎキャップをはずしてから、調整してください。

戸車の調整方法 付記画像

1. ネジ穴キャップをはずす

2. 戸車の高さを調整する

プラスドライバーまたは、六角レンチ(引違いテラス戸 重量ガラス仕様の場合)をネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車の高さを調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順2画像

テラス戸はネジ穴の位置が異なります

戸車の調整方法 付記画像

1. ネジ穴キャップをはずす

ネジ穴キャップが付いている場合は、キャップをはずしてください。

2. 戸車の高さを調整する

プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車の高さを調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順2画像

片引き窓/両袖片引き窓、テラス戸や木目仕様はネジ穴の位置が異なります

戸車の調整方法 付記画像

1. ネジ穴キャップをはずす

戸車の調整方法 手順1画像

2. 戸車の高さを調整する

プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車の高さを調整します。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順2画像

3. ネジ穴キャップをはめる

戸車の調整方法 手順3画像

1. ネジ穴キャップをはずす

戸車の調整方法 手順1画像

2. 戸車を調整する

ププラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を調整します。
※戸車を調整すると窓の高さがかわります。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元にもどせなくなるおそれがあります。

戸車の調整方法 手順2画像

下部摺動片の調整方法

下部摺動片の形状や固定ネジの位置などは商品によって異なる場合があります。ここでは、窓タイプを例に説明します。

※エクステリア商品の引違い窓も、こちらの手順で行ってください。

※フレミングJは内障子の調整はできません。

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

下部摺動片の調整方法 手順1画像

2. 下部摺動片の位置を調整する

レール上の風止板とのすき間がなくなるように、下部摺動片の位置を調整します。

下部摺動片の調整方法 手順2画像下部摺動片の調整方法 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

下部摺動片の調整方法 手順3画像

テラスタイプはネジ穴の位置が異なります

下部摺動片の調整方法 付記画像

※かんたんマドリモ アルミ樹脂複合窓も、こちらの手順で行ってください。

※エピソードNEO、エピソードNEO-R、かんたんマドリモ アルミ樹脂複合窓は内障子の調整はできません。

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

下部摺動片の調整方法 手順1画像

2. 下部摺動片の位置を調整する

レール上の風止板とのすき間がなくなるように、下部摺動片の位置を調整します。

下部摺動片の調整方法 手順2画像下部摺動片の調整方法 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

下部摺動片の調整方法 手順3画像

テラスタイプはネジ穴の位置が異なります

下部摺動片の調整方法 手順4画像

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

下部摺動片の調整方法 手順1画像

2. 下部摺動片の位置を調整する

下部摺動を開閉に支障のない範囲まで下げて調整します。

下部摺動片の調整方法 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

下部摺動片の調整方法 手順3画像

テラス戸はネジ穴の位置が異なります

下部摺動片の調整方法 付記画像

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーで固定ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

下部摺動片の調整方法 手順1画像

2. 下部摺動片の位置を調整する

下部摺動を開閉に支障のない範囲まで下げて調整します。

下部摺動片の調整方法 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

下部摺動片の調整方法 手順3画像

テラス戸や木目仕様はネジ穴の位置が異なります

下部摺動片の調整方法 付記画像

※このページの情報は2019年12月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2019年12月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。