YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

窓の教科書

部屋別のおすすめ窓 窓には部屋との相性があります。 部屋別のおすすめ窓 窓には部屋との相性があります。

リビング

リビングは家族みんなが集まる場所。居心地のよさを向上させるために、開放感あふれる窓や光の演出を楽しめる窓がおすすめです。 リビングは家族みんなが集まる場所。居心地のよさを向上させるために、開放感あふれる窓や光の演出を楽しめる窓がおすすめです。

引違い窓(テラスタイプ)

外との出入りがしやすいテラスタイプの窓は室内と屋外をつなぎ、開放感をもたらします。家具の配置や家事動線にも配慮しながらサイズや位置を決めると、より窓の存在が活きてきます。

片引き窓(テラスタイプ)

外との出入りがしやすいテラスタイプの窓は、開放感をもたらします。片引き窓は引違いに比べて大きいガラス面を確保することができます。家具の配置や家事動線にも配慮しながらサイズや位置を決めると、より窓の存在が活きてきます。

引込み窓

大きな開口が得られる引込み窓は、閉じたときのガラス面積の大きさはもちろん、開いたときにガラスが室内から見えなくなるので(両袖引込み窓の場合)、最大限の開放感をリビングにもたらします。

折りたたみ窓

大きな開口が得られる折りたたみ窓はテラスに面した窓に設置することで、開け放ったときにお庭をアウトドアリビングとして楽しめます。オープンカフェのような開放的なくつろぎ空間も生み出せそうです。

スリット窓

細いスリット窓を配置すれば、特徴あるデザインをつくり出したり、取り付ける高さを工夫して日差しを効果的に採り入れることができます。隣家や道路からの視線を遮り、プライバシーの確保にも有効です。

ツーアクション窓

ツーアクション窓は冷暖房の効きを良くし、外の風景を美しく切り取るピクチャーウインドウにもなります。
日差しが取り込みにくい方角のリビングには特におすすめです。

居室・和室

バルコニーのある部屋には大きく出入りしやすい窓、北面には光を取り入れやすい窓…など、それぞれの部屋の使い方や方角などによって窓をえらぶことが大切です。 バルコニーのある部屋には大きく出入りしやすい窓、北面には光を取り入れやすい窓…など、それぞれの部屋の使い方や方角などによって窓をえらぶことが大切です。

FIX窓

かたちの自由度が高いFIX窓は、デザイン性にこだわった空間づくりが可能です。配置を工夫すれば効率よい採光や、光の演出効果を楽しめるほか、お気に入りの風景を切り取ることが可能です。

片上げ下げ窓

片上げ下げ窓は窓の開け具合によって通風量を調節できるほか、窓の外にフラワーボックスを取り付けることで、花のある窓辺を演出でき、外観にもナチュラルな雰囲気を醸し出すことができます。

たてすべり出し窓

たてすべり出し窓は外の空気を効果的に取り込むので、自然に換気することができます。空気の出口として、もう1箇所以上窓をつけるとより効果が生まれます。

突き出し窓

大型の突き出し窓は大きなガラス面で外の景色を部屋に取り込め、少しだけ開くので換気にも役立つので心地よい空間づくりに役立ちます。弱い雨であれば吹き込みを防ぐことも可能です。

丸FIX窓

丸FIX窓は個性的な空間づくりにおすすめです。内観はもちろん、外観にもアクセントになります。
シンプルな形状なので住宅スタイルを選びません。和室にも合います。

スリット窓

スリット窓は直射日光が入りにくいようにしたり、プライバシーを確保したい寝室におすすめの窓です。

ツーアクション窓

ツーアクション窓は開口幅が小さめなので、防犯にも効果があります。断熱性能に優れているので、冷暖房の効果を高め、快適な空間づくりに役立ちます。

ウインドキャッチ連窓

FIX窓の両側に2つのたてすべり出し窓をつけることで、片方の窓から外の空気を取り込みながら、もう一方の窓から排出し、効果的に自然換気することができます。

キッチン

雰囲気を明るくし、換気にも役立てたいキッチンの窓は、操作の際に手が届きやすく、換気量を調節できる窓がおすすめです。 雰囲気を明るくし、換気にも役立てたいキッチンの窓は、操作の際に手が届きやすく、換気量を調節できる窓がおすすめです。

引違い窓

引違い窓は開閉に奥行き幅を必要としないため、カウンターの向こう側に設置する窓におすすめです。

片上げ下げ窓

縦長の片上げ下げ窓は、なかなか広い壁面を確保できないキッチンに向いています。屋内から外側のガラスを掃除しやすいところ(下側のガラスのみ)も、ポイントになりそうです。

たてすべり出し窓

空気のこもりがちなキッチンにはたてすべり出し窓がおすすめです。外の空気を効果的に取り込みます。屋内から外側のガラスを掃除しやすいところも、ポイントになりそうです。

すべり出し窓

すべり出し窓は雨が吹き込みにくい構造なので、多少の雨なら開けっ放しにして換気しながらのお料理が可能です。屋内から外側のガラスを掃除しやすいところも、ポイントになりそうです。

トイレ

プライバシーに配慮しつつ自然換気と採光を効率よく行える窓がおすすめです。 プライバシーに配慮しつつ自然換気と採光を効率よく行える窓がおすすめです。

すべり出し窓

すべり出し窓であれば弱い雨なら吹き込みにくい構造なので、トイレにいない間も開けたままにしやすい窓です。ただし、面格子は取り付けられないのでサイズや設置の高さにご注意ください。

内倒し窓

内倒し窓開口部全体で換気ができるため、小さい窓でも効果的です。防犯が気になる場合は面格子を取り付けることができます。

スリット窓

スリット窓は、開け閉めできるタイプに換気機能があるのはもちろんのこと、FIX窓タイプは高所に取り付けるとプライバシーを守りながら室内を明るくする効果が期待できます。

浴室・脱衣所

湿度が高くなりがちなスペースなので、換気しやすく、かつプライバシーにも配慮した窓をえらぶのがおすすめです。 湿度が高くなりがちなスペースなので、換気しやすく、かつプライバシーにも配慮した窓をえらぶのがおすすめです。

引違い窓

引違い窓は通風量が調節でき開閉操作もシンプルです。面格子や目隠しの設置も可能です。

すべり出し窓

すべり出し窓は開口幅が狭く、すりガラスを採用すれば室内が見えにくくなるのがメリットです。面格子は取り付けられないのでサイズや設置の高さにご注意ください。

ツーアクション窓

ツーアクション窓は、外の景色を取り込みたくなるような、坪庭に面している、あるいは眺めの良い立地のお風呂におすすめです。お風呂は意外と汚れのたまりやすい空間なので、お掃除のしやすさも魅力の一つです。

高所・吹き抜け

吹き抜けは複数の窓を縦に組合せるなど大きな採光面を得ることで、一層開放感を生み出します。少し天井を高くして高窓(ハイサイドライト)を設置しても、1日中日差しを取り込むことができます。 吹き抜けは複数の窓を縦に組合せるなど大きな採光面を得ることで、一層開放感を生み出します。少し天井を高くして高窓(ハイサイドライト)を設置しても、1日中日差しを取り込むことができます。

FIX窓

空間に合ったサイズを選びやすいのはFIX窓です。通風できないことがデメリットではありますが、開閉できる窓と組合せて設置することも可能です。

内倒し窓

内倒し窓は開口部全体で換気ができるため、小さい窓でも効果的です。高窓として設置でき、フック棒で操作します。

天窓

天窓は時間帯に関係なく日中の間はずっと光を取り込むことができます。近隣の視線を気にせずに済むのもこの窓の魅力です。直射日光が入り過ぎないように方角に注意して設置するのがポイントです。

高所用すべり出し窓

高所に取り付けるために作られたすべり出し窓です。下部にも窓をつけると空間全体の自然換気の効果が期待できます。吹き込みの心配が少ないので、弱い雨であれば開けたまま換気できるのが魅力です。

廊下・階段

部屋と部屋をつなぐ空間は、居心地の良さがあまり重視されない傾向にありますが、窓を設置することで明るくなるのはもちろん、空気の通り道としての役割を果たします。 部屋と部屋をつなぐ空間は、居心地の良さがあまり重視されない傾向にありますが、窓を設置することで明るくなるのはもちろん、空気の通り道としての役割を果たします。

たてすべり出し窓

効果的に外の風を取り込めるたてすべり出し窓を取り付ければ、廊下や階段が空気の通り道になります。

天窓

外に面していない廊下・階段には天窓がおすすめです。日中は照明器具に頼らずに過ごすことができるでしょう。家全体の空気の循環を良くする効果も期待できます。

スリット窓

スリット窓は狭い壁にも取り付けられ、明り採りとしても、空間の雰囲気づくりにも役立ちます。

pagetop