YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

かんたん マドリモ 内窓 プラマードU

WEBカタログを見る

内窓のしくみ

いまある窓に内窓を取付けて二重窓に

空気層で断熱:間に空気をはさむと熱は伝わりにくくなります。 樹脂フレームで断熱:樹脂はアルミの1000倍熱を伝えにくい素材です。
空気層で断熱:間に空気をはさむと熱は伝わりにくくなります。 樹脂フレームで断熱:樹脂はアルミの1000倍熱を伝えにくい素材です。
窓からの熱の流入出比率 冬:52% 夏:74%

寒さの原因のほとんどは「窓」

窓は、熱の出入りが一番多い場所。だから、窓の断熱が大切なのです。

Before:アルミサッシ(単板ガラス)After:内窓とアウターシェードを取付け(Low-E複層ガラス遮熱タイプ 約19万円お得

10年間の冷暖房費もこんなにお得

窓からの熱の流入出比率の算出条件
「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ住宅」標準住戸のプランにおける例で、AE-Sim/Heatによる当社の計算結果より。●窓種:アルミ(複層ガラス)●使用ソフト:AE-Sim/Heat(建築の温熱環境シミュレーションプログラム )/ 株式会社 建築環境ソリューションズ ●気象データ:「拡張アメダス気象データ」2000年版 標準年/(一社)日本建築学会 ●住宅モデル: 「平成 25 年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ住宅」標準住戸のプラン 2 階建て/ 延床面積:120.08㎡ / 開口率:26.8%(4~ 8 地域) ●躯体:平成 11 年省エネルギー基準適合レベル

冷暖房費の試算条件
熱負荷計算プログラム「AE-Sim/Heat」((株)建築環境ソリューションズ)を用いて算出した年間冷暖房負荷を「平成25 年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 Ⅱ住宅」((一財)建築環境・省エネルギー機構)に基づきエネルギー消費量、冷暖房費に換算。 ●住宅モデル:2 階建 / 延床面積 120.08㎡ / 開口率 26.8%「平成 25 年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 Ⅱ住宅」標準住戸のプラン ●気象データ:「 拡張アメダス気象データ」2000 年版標準年/(一社)日本建築学会 ●計算地点:東京 ●空調設定:冷房 27℃(就寝時 28℃)・60% 暖房 20℃ ●空調運転方法:間欠運転 ●住宅の仕様:開口部※1:アルミサッシ(単板) 躯体:昭和55 年基準レベル相当、開口部※2:プラマード U(Low-E 複層ガラス(遮熱タイプ)ブルー) 居室の9 窓に設置 躯体:昭和55 年基準レベル相当

※1【熱貫流率】仕様に応じた開口部の熱貫流率を使用  【日射熱取得率】ガラス種別及び付属部材に応じた日射熱取得率を使用
※2【熱貫流率】JIS A 2102 より求めた熱貫流率を使用 【日射熱取得率】JIS R 3106 より求めた日射熱取得率を使用

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品ラインアップへ戻る

pagetop