YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

Low-E複層ガラス断面図
複層ガラスの室外側ガラスをLow-E金属膜でコーティング
遮熱イメージ

太陽光を採り込み、冬の暖房熱を外へ逃がさない。
部屋のすみずみまで心地よく快適。

冬、室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。部屋のすみずみまで暖かさを保ち、心地よく快適に過ごせます。
不快な結露の発生も抑えることができるので、カビやダニなどの繁殖もセーブします。

特長

住まいの断熱性能は「窓」がポイント

「窓」は、冬には室内から逃げる熱の52%と、住まいの中で熱の出入りがもっとも多い場所です。

室内の熱の出入りの割合

※ 選定日:日平均外気温の最低日、2月24日5~6時、東京
※ H11年省エネルギー基準で建てた「住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説」の住宅モデルにおける例で、AE-Sim/Heartによる当社の計算結果より。窓種:アルミ(複層ガラス)

暖房熱を外へ逃がしません

室内の暖かさや涼しさを室外に逃がさない断熱性に加え、差し込む太陽の熱は室内に取り込み、室内の暖かさを保ちます。

遮熱の仕組み

高い防露性能で、健康に影響を与えかねない結露を軽減!

結露は、カーテンや窓額縁、床の汚れにつながるだけでなく、住まいの寿命を縮めてしまうことすらある不快な存在。〈Low-E複層ガラス(断熱タイプ)〉は、この結露を抑えることができるので、カビ・ダニなどの繁殖もセーブ。ご家族の健康的な暮らしを守ります。

● Low-E複層ガラス使用サッシと一般サッシの防露性能比較(社内試験)

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)+エピソード
Low-E複層ガラス(断熱タイプ)+エピソード

(3ミリ+中空層12ミリ+3ミリ)
ガラスにもサッシにも、結露がみられません。

一般サッシ+単板ガラス
一般サッシ+単板ガラス

(3ミリ)
→ ガラスにもサッシにも結露が発生しています。

[試験条件]
室内温度:20℃
室外温度:0℃
相対湿度:50%

● ガラス別結露低減効果比較(当社解析結果による)

Low-E複層ガラスの場合

(3ミリ+中空層12ミリ+3ミリ)

複層ガラスの場合

(3ミリ+中空層12ミリ+3ミリ)

単板ガラスの場合

(3ミリ)

[室内側条件] 温度:20℃/湿度:60%

商品体系

ブルー

ブロンズ

ニュートラル

「反射」と「透過」 撮影の違い

反射
反射
透過
透過

ガラスタイプ

透明

※ 画像は、「複層ガラス」です。

中空層

中空層には、「乾燥空気」のほかに、「アルゴンガス」もお選びいただけます。
「アルゴンガス」は“気体の断熱材”ともいわれる空気中に約1%存在する不活性ガスで、空気よりも熱伝導率が低いため熱を伝えにくく、また、空気よりも比重が重く、
複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。

追加機能

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品一覧へ戻る

pagetop