YKK AP
ビジネスのお客様ビジネスのお客様

YKK AP住宅省エネ性能計算ソフトご利用にあたって

YKK AP住宅省エネ性能計算ソフトは以下の方法・条件に基づいて計算を行います。

計算方法・条件等

  • 計算方法は、国立研究開発法人建築研究所のホームページで公開されている「建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報」の『平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)』(以下、『建築研究所技術情報』という。)「2.エネルギー消費性能の算定方法 / 2.1 算定方法」に基づき、作成したものです。万一、技術情報との内容に齟齬がある場合は、建築研究所公開資料で定める内容が優先されます。
    【『建築研究所技術情報』参照先URL】 https://www.kenken.go.jp/becc/house.html
    本サービスは、住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラムAPI機能を使用しています。ただし、本サービスの内容は国立研究開発法人建築研究所又は国土技術政策総合研究所によって保証されたものではありません。
  • 窓及びドアの「仕様」で表記される熱貫流率は、一般社団法人 日本サッシ協会ホームページで公開されている「建具とガラスの組み合わせ」による開口部の熱貫流率表(住宅用窓の簡易的評価及び住宅用ドアの簡易的評価による)に記載の熱貫流率を表記しています。 窓の日射熱取得率は、『建築研究所技術情報』の「2.エネルギー消費性能の算定方法 / 2.1 算定方法 / 第三章 暖冷房負荷と外皮性能 / 第四節 日射熱取得率」の「付録C 大部分がガラスで構成される窓等の開口部の垂直面日射熱取得率」の 表 2(a)、表 2(b)に基づいて表記しています。
  • 窓及びドアの「代表試験体」で表記される熱貫流率は、試験「JIS A 4710」、計算「JIS A 2102-1及びJIS A 2102-2」、『建築研究所技術情報』の「2.エネルギー消費性能の算定方法 / 2.1 算定方法 / 第三章 暖冷房負荷と外皮性能 / 第三節 熱貫流率及び線熱貫流率」の「付録B 窓又はドアの熱貫流率」に基づいて確認した開口部の熱貫流率の値であり、「JIS Q 17050-1」に基づき自己適合宣言しています。ただし同一空気層の異なるガラスで性能値が異なるものは、最も熱貫流率が大きい値を記載しています。
  • 商品の追加・仕様変更等により修正になる場合は、自己適合宣言書の更新によって公開いたします。当社オフィシャルサイト(https://www.ykkap.co.jp/pro/law/supportguide/products_28/)にて、更新情報をご確認ください。
  • 計算報告書は計算に必要な各種条件を仮に設定し、計算結果を算出しています。実際の住まい方・建築物などにより実際の数値は異なるため、この計算報告書のいかなる数値についても保証するものではございません。
住宅省エネ性能計算ソフトを使う

お問い合せ

操作マニュアル

動作環境

住宅省エネ性能計算ソフトは以下の環境でご覧いただくことを推奨いたします。 推奨環境以外でのご利用やお客さまの設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合があります。

■ OS Windows 10
■ ブラウザ Google Chrome最新版
■ その他必要なアプリ Microsoft Office Excel 2010以降
※スマートフォン・タブレットでの使用は推奨しておりません。

更新情報

2021年4月2日
YKK AP住宅省エネ性能計算ソフトを公開しました。
旧「YKK AP外皮性能計算ソフト(WEB版)」が立ち上がる場合がございます。
その場合はキャッシュ削除の上、再度立ち上げ願います。
また、簡易計算を利用する場合は、既定のブラウザをGoogle Chrome にしてご利用願います。
YKK AP窓とドアの熱性能を更新しました。
https://www.ykkap.co.jp/pro/law/supportguide/products_28/
※見積連携の更新は4月12日予定になります。
※エピソードⅡ 防火窓GNEO/防火窓GNEO-R熱性能値の更新は6月予定となります。
2020年12月10日
YKK AP外皮性能計算ソフト(WEB版)見積連携を公開しました。
2020年11月04日
YKK AP外皮性能計算ソフト(WEB版)を公開しました。