ビジネスのお客様 YKK AP for business

menu

EXIMA 77

EXIMA 77

EXIMA 77

 

 

窓と健康

寒い部屋は健康にリスクを招く?

室内の寒さが健康に影響することをご存知ですか?
イギリス保健省の指針では、18℃未満は健康にリスクありとされています。室内での熱の出入りがもっとも大きいのが窓です。快適で健康的な室内環境のためには窓の断熱性を高め、室温を下げないことが、重要なポイントとなります。

■冬期に室温18℃未満はリスクあり

イギリス保健省 冬期の室温指針(英国保健省年次報告書 2013.3)

■起床時に10℃以下は「不健康」

朝起きた時の寝室の温度
(ウェザーニューズ「冬の暖房事情調査」66,487人より回答)

■室内で最も熱の出入りが大きいのが窓

冬に流出する熱の割合

外気温:0.5℃
選定日:日平均外気温の最低日 2月24日5~6時、東京

※「平成25年省エネルギー基準に準拠した査定・判断の方法及び解説Ⅱ住宅」標準住戸のプランにおける例
AE-Sim/Heatによる当社の計算結果より。窓種:アルミ(複層ガラス)

カビ・ダニの原因となる結露

結露が多くジメジメした環境ではさまざまな問題が発生します。毎日の掃除が大変、カーテンや壁紙がボロボロに…。結露はカビやダニの発生の原因にもなります。
住まいのカビやダニは、皮膚疾患や喘息などを引き起こし、健康に被害をもたらす恐れがあるのです。

■結露の多い住まいで起きやすい問題

高い断熱性能、優れた防露効果をあわせ持ち
健康のための環境づくりを提案する

EXIMA 77

 

最高グレードの断熱性能

断熱等級 H-6

ひときわ快適な室内環境を実現します

樹脂の熱伝導率はアルミと比べて約1400分の1もの低さ。
加えてLow-E複層ガラスとの組み合わせにより、最高グレードの断熱性能を発揮します※1
いままで寒冷地で一般的であった二重窓を不要にして、ひときわ快適な暮らしを実現します。

■窓の表面温度 比較イメージ(社内試験)

赤い部分が多いほど室内の窓の表面温度が高いことがわかります。

  • アルミサッシ

  • 樹脂窓

■Low-E複層ガラス

熱を伝えにくい樹脂素材を使用し、室内の暖かさを逃さず室外の冷たい空気を室内に伝えにくくする。

熱の伝わりにくい樹脂フレームなら、上表のLow-E複層ガラスとの組合せでH-5、H-6※1を確保できます。

※1 窓種によりガラス条件が異なります。
※2 当社別途工事となります。

 

高い防露性能で結露を抑制

優れた防露性能

窓辺をいつも清潔に保ちます

高い断熱性能を発揮する樹脂窓のEXIMA 77は、熱が伝わりにくく、寒い冬でも窓の表面温度があまり下がりません。
そのためガラス面はもちろん、枠や障子に発生する不快な結露を低減。
窓辺をいつも清潔に保ちます。

■防露性能比較イメージ(社内試験)

樹脂窓ならフレームにもガラスにもほとんど結露が見られません。

  • アルミサッシ

  • 樹脂窓

■窓の表面温度比較のイメージ

樹脂窓は全体的に高い断熱効果で安定した防露効果を発揮。

外気温:0℃、室内温度:20℃、湿度50%の場合、露点温度:9.3℃

 

より安心の性能・より快適な機能

遮音性:T-3〈35等級線〉

一重窓でありながら優れた遮音性能

EXIMA 77は、気密性A-4等級を達成。優れた気密構造を生かし、防音合わせ複層ガラスとの組み合わせで、一重窓でありながら遮音性T-3〈35等級線〉を確保。外からの騒音をカットし、快適で静かな暮らしを守ります。

図書館なみの静けさに

騒音環境の目安

日常生活では40 ~ 50dB が望ましい範囲とされています

※防音合わせ複層ガラスを使用した場合

水密性 W-5〈500Pa〉

安心の水密性能

EXIMA 77では、下枠内に水を溜めることなく排水します。
水密性:W-5〈500Pa〉という確かな水密性能を確保しています。長時間の暴風雨などで、下枠に水が溜まり室内へ雨水が侵入する心配はありません。

  • 等圧ダブルタイト方式
    AT材を外部と内部に2ヶ所設け、水密性能を高めています。

快適な操作性

開閉操作は1回でOK。毎日が便利で快適に

断熱性の高さを追求した二重窓では、開閉の際に操作を2回行う必要があります。高い断熱性を持つ樹脂窓であるEXIMA 77は一重窓なので一回の動作で開け閉めが可能です。さらに窓辺がすっきりして眺望にも優れます。

■二重窓の操作イメージ

■一重窓(EXIMA 77)の操作イメージ

 

Product Details

Design
Aスリムなかまち見付
召合せかまちの見付を60mmとスリム化。加えてかまちは室内側にすっきりと納まり、洗練された意匠を実現します。
Safety
B安全性に配慮した引き残しの設定
より安全に開閉できることを考え、引き残しを標準設定しています。
C回転ストッパーで安全性を確保(オプション)
障子行き違い時の事故を防止するために、回転ストッパーを用意。ストッパーセット時は障子に引き残しが設定されます。
Security
Dロック付きクレセント
障子が完全に閉まっていないとクレセントが回らない構造を採用。不用意なクレセントのかけ損じを防ぎます。
E補助ロックを設定(オプション)
クレセントに加えて、補助ロックを設定し、防犯対策を施しました。
F防犯合わせ複層ガラスに対応
ガラスの間に強度と柔軟性に優れた樹脂中間膜を挟み込んだ、破壊されにくい防犯タイプの複層ガラス。強風時の飛来物対策にも有効です。
(ガラス溝幅28mm、34mmを設定)。
Maintanance
G容易に交換できる戸車
メンテナンスのしやすさに配慮して、枠から障子をはずすだけで障子自体を分解することなく戸車が交換できます。
Operation
HAT材の工夫で操作性向上
開閉時に障子と触れ合うAT材には、摺動抵抗が小さくなるコーティングを施しました。スムーズに障子が動き、楽に開閉操作ができます。
I掘込引手が標準のハンドルシステム

開閉時に必要な手掛かりとして、掘込引手を標準設定しています。また、オプションで大型ハンドル、サポートハンドル、サポート引手をご用意しています。

ライフステージに合わせて取替可能

使い手が長く快適に使えるように、部品の仕様変更が簡単にできるサスティナブルデザインの思想を採用。ハンドルの加工穴を共通化することで掘込引手から大型ハンドル、サポートハンドル、サポート引手へと取り替えることができます。
※ハンドルの変更時には、網戸の寸法変更やストッパー部品等の取付けが必要となります。

  • 標準/掘込引手

  • 大型ハンドル
    (オプション)

  • サポートハンドル
    (オプション)

  • サポート引手
    (オプション)

Color

あたたかみのあるホワイトの色合い。アルミ製窓との併用を考慮して、外観色はステンカラーも用意しています。

外観色

  • ホワイト【YW】
  • ステンカラー【JO】

内観色

  • ホワイト【YW】

 

Topics 〜世界の窓の断熱性能基準〜

世界のスタンダードは、樹脂窓。日本でのさらなる普及をめざして。

樹脂窓の普及率は、アメリカで65%、ドイツで64%であるのに対し、日本ではわずか17%です。
YKK APでは、建物の断熱性を高め、快適な室内空間をつくりだしていくため、性能と品質にこだわり、技術力を活かした樹脂窓の開発と普及に取り組んでいます。

■世界の窓の断熱性能基準

熱貫流率 U値[W/(m2・K)]:
熱の伝えやすさを表す数値です。室内外の空気温度に1度の差があるとき、1時間に窓1m2あたり通過する熱量を表します。数値が小さいほど断熱性が優れています。

■樹脂窓の優れた断熱性って、こういうことです。

氷水を入れたコップを部屋の中に置いておくと、アルミのコップは冷えやすいので表面に結露ができます。樹脂や木のコップは結露ができにくく、熱を伝えにくい素材であることがわかります。

  • 出典:[日本]平成29年住宅建材使用状況調査、日本サッシ協会(2017)
  •    [ドイツ]Interconnection Consulting(2016)
  •    [イギリス、フランス]Interconnection Consulting(2016)
  •    [アメリカ]Home Innovation Research Labs(2013)
  •    [中国]樹脂サッシ普及促進委員会(2000)、YKK AP調べ
  •    [韓国]日本板硝子(株)調査データ(2011)

測定条件:氷水を入れたコップにて測定

 

Topics 〜ユニバーサルデザイン〜

あらゆる人の安心・安全な使用のためにユニバーサルデザインに配慮

年齢や身体能力に関わらず、あらゆる人に安全に安心して使い続けていただくために、EXIMA 77にはユニバーサルデザインの思想が息づいています。
操作部品位置の高さやハンドルの設定などに配慮しています。

■操作部品位置を最適の高さに設定

人間工学に基づく実験の検証を重ね、引手・ハンドル、クレセントのひとつひとつについて、それぞれに最適な操作範囲と高さを設定。
家族誰もが安心して使える操作位置を実現しています。

※1:YKK AP/国立呉高専、YKK AP/日本大学「開口部の開閉操作性に関する研究」より抜粋
※2:長寿社会対応住宅設計マニュアル(住宅金融公庫・バリアフリー住宅仕様)より抜粋
※3:身体障害者の利用を考慮した建築設計標準より抜粋
※4:身長を基準とした概略値1.33より算出。建築資料集成より抜粋

■障子を開ける際の力を軽減する、サポートハンドル・サポート引手の設定

開けるときの力をひときわ軽減する操作部品も用意。テラス窓の大型化や複層ガラスの使用により重みを増した障子を、軽く開けることができます。

快適な操作性に加え、上質なインテリア空間を彩るサポートハンドル・サポート引手

サポート引手・サポートハンドルにより、およそ半分の力で操作いただけます。

和障子納まりと網戸対応に配慮したサポート引手

和障子納まりと網戸の対応には、形材からの突出感を抑えたサポート引手を用意。
インテリア計画等においてサポートハンドルを使用できない場合にも配慮しています。

 

商品仕様

pagetop