YKK AP

HOME かしこいガラス選び 快適な家づくりにはガラスの断熱化が大切

かしこいガラス選び

Lecture 1 快適な家づくりにはガラスの断熱化が大切 Lecture 1 快適な家づくりにはガラスの断熱化が大切

夏暑くて、冬寒い家…高断熱化で解消しましょう! 夏暑くて、冬寒い家…高断熱化で解消しましょう!

住まいでありがちな、あんなお悩み、こんな不快……もしかしたら、住まいの断熱性に原因があるのかも?
住まいの高断熱化は、さまざまなお困りごと解消につながります。

住まいの断熱性能が低いと…

住まいが高断熱になると…

家の中で熱の出入りが一番多いのは「窓」です! 家の中で熱の出入りが一番多いのは「窓」です!

熱が室内から逃げるのも、室内に入ってくるのも、そのほとんどが窓から。
つまり住まいの高断熱化をはかるのに最も効果的かつ不可欠なのが窓の高断熱化なのです。

冬に流出する熱の割合(外気温0.5℃)

夏に流入する熱の割合(外気温33.4℃)

上記数値は、YKK AP算出です。冬:外気温0.5℃/室温20℃ 、 夏:外気温33.4℃/室温27℃の場合

中空層のあるガラスで窓の断熱性を高められます 中空層のあるガラスで窓の断熱性を高められます

窓は、ガラスと、フレーム(枠・障子)で構成されています。
窓の高断熱化のためには「フレーム」はもちろん断熱性能に優れた「ガラス」を選ぶことが重要です。

健康に影響を与えかねない結露を軽減できます 健康に影響を与えかねない結露を軽減できます

結露は、カーテンや窓額縁、床の汚れにつながるだけでなく、カビやダニの温床にもなりやすく、
住まいの寿命を縮めてしまうこともある不快なものです。
〈Low-E複層ガラス〉は結露を抑えて、カビ・ダニなどの繁殖もセーブ。ご家族の健康的な暮らしを守ります。

Low-E複層ガラス使用サッシと一般サッシの防露性能比較(社内試験)

[試験条件]室内温度:20℃/相対湿度:50%

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)+エピソード ガラスにもサッシにも、結露はみられません。
単板ガラス+一般サッシ ガラスにもサッシにも、結露が発生し、水滴が流れています。

※注意 結露はサッシの性能だけでなく住まい他自然環境に影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

美肌にも効果的

結露でお部屋の水分量が減少することによって、お肌の水分量も減少することがわかってきました。結露の抑制は美肌にとって大切な「うるおい環境」を整えます。

肌の水分量・頬(g/㎥):実験開始からの増減
ガラス一覧とYKK APのおすすめ窓 ガラス一覧とYKK APのおすすめ窓

※ガラスの設置は窓種・サイズによって取付の不可が異なります。
あらかじめご了承ください。