2021.10.15 FRI-11.3 WED at TOKYO MIDTOWN

【会場】東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(六本木)
【入場料】無料
【主催・企画】YKK AP株式会社
【協力】カサ・バトリョ、カサ・ミラ
【同時出展】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021/DESIGNART TOKYO 2021

YKK AP’S MESSAGE

展示コンセプト

YKK APは「Architectural Productsで社会を幸せにする会社。」というパーパスに基づき、 窓が建築や人々の生活をより自由に、より幸せにすることを目指し、日々窓を考えています。 本展「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」では、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの窓に着想を得て、自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、3Dプリンタでつくる新しい窓のプロトタイプデザインを展示します。 自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた窓自身がさらなる未来を切りひらいていく様を表現すると同時に、 YKKグループ環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、ガウディの「建築と自然の融合」というひらかれた建築思想にも共鳴しています。 また、「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かしていく取り組みでもあります。

CREATIVE DIRECTOR’S MESSAGE

「僕にとってガウディの窓とは、音、風、そして光。 初めてバルセロナで彼の建築を見た時、あの自由な造形がいかに現地の自然環境や人々の生活に馴染んでいるか、とても驚きワクワクしたのを覚えています。
本プロジェクトの話を頂き一番に考えたのも、ただ面白い形の窓を作るのではなく、いかに窓が私たちの豊かな生活に貢献できるかという視点でした。 暮らしに結びついてこそ、窓の可能性は開かれると思ったのです。
3Dプリンタという技術を手にした今、プロダクトの歴史は大きく変わっていくでしょう。 近代化の名のもとに失われてしまった、ガウディ建築に代表される職人たちの手仕事や、人や空間にあわせたカスタマイゼーション。 最新技術によりそれらが再び脚光を浴び、さらに持続可能性などの問題を解消しながらこれからの暮らしに貢献できると確信しています。
最先端の研究を行う他業種の企業やイノベーターとの対話を通して作られる、私たちの生活を支え、彩り、豊かにする窓の未来にご期待ください。」

鈴木啓太 KEITA SUZUKI

鈴木啓太 KEITA SUZUKI

プロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター。1982年生まれ。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。PRODUCT DESIGN CENTER代表。 古美術収集家の祖父の影響で、幼少より人が織りなす文化や歴史に興味を持つ。 森林活用から都市環境、伝統工芸から3Dプリンティングなどのアディティブ・マニュファクチャリングまで、幅広い分野に精通。 美意識と機能性を融合させたデザインで、国内外でプランニングからエンジニアリングまでを手掛ける。
2008年「TOKYO MIDTOWN AWARD」受賞、2016年「HUBLOT DESIGN PRIZE」初のアジア人ファイナリスト、 2018年初個展「鈴木啓太の線:LINE by Keita Suzuki」を柳宗理記念デザイン研究所で開催、2019年「相模鉄道20000系」が「ローレル賞2019」受賞、 2020年「ELLE DECOR Young Japanese Design Talent」受賞等。2015-2017年グッドデザイン賞 最年少審査委員。

Both of Gaudí’s parents came from a line of coppersmiths, as he himself explains: “I have that quality of spatial apprehension because I am the son, grandson, and the great-grandson of coppersmiths. My father was a smith; my grandfather also. On my mother’s side of the family there were also smiths; her grandfather was a cooper; my maternal grandfather was a cooper; my maternal grandfather was a sailor, who also are people of space and circumstance. All these generations of people give a [sic] preparation.”[1] One might say that the organicity of Gaudí’s work was a product of his ancestry.

ガウディの父は銅板器具職人の家計であり、母方もそうであった。ガウディはよく自らの出自を次のように語っていた。「私に空間を理解する能力があるのは、銅板細工職人の子孫だからだ。父は銅板細工職人だった。祖父も然り。母方の家系にも金属細工の職人がいた。母の祖父は樽作りの職人で、母方の祖父は船乗りだった。船乗りも空間と状況を把握できる人々である。このような何世代にもおよぶ祖先たちが準備期間となったのだ。」[1]ガウディのデザインは有機的だといわれるが、それは代々伝わる家計の力なのである。

ー
[1]Cesar Martinell, Gaudi i la Sagrada Familia explicada per ell mateix, Cossetània Edicions, Barcelona, 1999 M.GSF.-134-01(098-01)
photo+text: @takeshiyamamura_ (Associate Professor, Tokyo Polytechnic University)
ー

[展示名] 未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing
[会期] 2021年10月15日(金)~11月3日(水・祝)20日間
[会場] 東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(東京・六本木)
[入場料] 無料
[主催・企画] YKK AP株式会社
[協力] カサ・バトリョ、カサ・ミラ
*特設サイトはトップのリンクからご覧ください。

[Title] Window on the Future―Gaudí Meets 3D Printing
[Dates] Friday, October 15 – Wednesday, November 3, 2021 (public holiday); open for 20 days
[Venue] Galleria B1 Atrium, TOKYO MIDTOWN (Roppongi, Tokyo) 
[Admission] Free
[Organizer] YKK AP Inc.
[Cooperation] @casabatllo @lapedrera_barcelona
* Check out our special website from the link in our bio.

CD: @_suzukikeita (Product Design Center)
PD: @pdctokyo
GD: Masashi Murakami (@emuni_inc)
SD: Takeshi Yamamura + Natalia Sanz Laviña (@ysla_architects)
Academic Supervision: @takeshiyamamura_ (Associate Professor, Tokyo Polytechnic University)

#YKKAP
#windowonthefuture
#未来をひらく窓
#GaudíMeets3DPrinting
#AntoniGaudí
#antonigaudi
#window
#casabatlló
#casabatllo
#casamilà
#casamila
#3Dprinting
#3Dprint
#3Dprniter
#3Dプリンター
#東京ミッドタウン
#TokyoMidtown
Vapor Aymerich, Lluís Muncunill i Parellada (1905-08, Terressa)

Windows of the National Museum of Science and Industry of Catalonia in Terrassa. They were designed by Lluís Muncunill i Parellada, who was an architect of a younger generation than Gaudí. The building was originally a textile mill of Vapor Aymerich, Amat i Jover before it was converted into a museum. Muncunill devised the undulating roof structure composed of a series of brick vaults as a solution to the modern factory’s need for a large open work floor. The windows fitted into the raised parts of the structure create a well-lit space. The vaults are made of two to three layers of thin fired bricks that have been joined with quick-drying cement mortar. Known as
Mercar de Born, Josep Fontserè i Mestre (1873-78, Barcelona)

Skylights of the Born Market (1873–1878). This public market is an example of Spanish architecture from after the Industrial Revolution and was realized by architect Josep Fontserè i Mestre, who Gaudí had trained under as a student. Though constructed using the industrial materials of iron and glass, the building’s design is based on an old parti used since the Renaissance, and its round oculus and clerestory windows bring to mind a church. However, it has thinner structural elements made possible by the use of iron in place of stone, and bright, transparent spaces made possible by its larger glass surfaces. Gaudí also sought to achieve a modern architectural expression through experimenting with the use of iron.

Lucernarios del Mercado del Born (1873-1878). Este mercado público es un ejemplo de arquitectura española de después de la Revolucion Industrial, proyectado por Josep Fontserè i Mestre, con el que Gaudí trabajó en su época de estudiante. Aunque construido en hierro y cristal, materiales industriales, su diseño es de lenguaje renacentista y su óculo  y claristorio nos recuerdan a una iglesia. Sin embargo sus elementos estructurales son esbeltos, gracias al uso del hierro en lugar de la piedra, y sus espacios luminosos y transparentes gracias a sus amplias superficies vidriadas. Gaudí también buscaba conseguir un lenguaje arquitectónico moderno a través de la experimentación con el uso del hierro. 

ボルン市場(1873-1878)の天窓。
ガウディが学生時代に修行していた建築家ジョゼップ・フンサレーの作品。
産業革命以後の建築として、市民の生活市場が設計された。近代建築の象徴的な素材としての鉄とガラスが使用されているが、建築の形式は古く、丸い天窓と横からのハイサイドライトはルネッサンス期の形式を踏襲した、さながら教会堂の構成と同じである。しかしながら、石が鉄にかわったことで、線材が細く、ガラス面も大きくなったことで、内部空間は光で満たされた透明な空間を獲得している。ガウディも鉄の使用などを通じて、近代建築の技術と表現を模索していた。

ー
photo+text: @takeshiyamamura_ (Tokyo Polytechnic University)
ー

[展示名] 未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing
[会期] 2021年10月15日(金)~11月3日(水・祝)
[会場] 東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム

[Title] Window on the Future―Gaudí Meets 3D Printing
[Dates] Friday, October 15 – Wednesday, November 3, 2021
[Venue] Galleria B1 Atrium, TOKYO MIDTOWN (Roppongi, Tokyo) 

#YKKAP
#windowonthefuture
#未来をひらく窓
#GaudíMeets3DPrinting
#AntoniGaudí
#antonigaudi
#window
La Audiencia, antiguo palacio de las Cortes (1421-1705, Valencia)

The façade of the Palace of the Generalitat of Valencia. The list of Jean Laurent photographs in Gaudí’s notebook includes an image of this façade, which is characterized by its windows that are shaped differently on each level. The importance of the principal floor (the second level) is expressed by its windows, which are the largest and capped with triangular pediments. The small windows above them suggest a mezzanine level, and the windows further above belong to the upper floor rooms. The idea of using windows to express the character of the interior spaces on the façade was codified during the Renaissance, and Gaudí also reapplied it to his designs for the Palau Güell, Casa Calvet, and Casa Batlló.

Fachada del Palacio de la Generalitat de Valencia. La lista de fotografías de Jean Laurent en el cuaderno de apuntes de Gaudí incluye una imagen de esta fachada, caracterizada por el hecho de que sus ventanas tienen una forma diferente en cada piso. La importancia del piso principal viene expresada por sus ventanas, de mayor tamaño y coronadas por frontones triangulares. Las pequeñas ventanas de encima sugieren una entreplanta y las ventanas por encima de éstas pertenecen a los pisos superiores. La idea de utilizar las ventanas para expresar el carácter de los espacios interiores fue codificada durante el Renacimiento, y Gaudí aplico este sistema en el diseño del Palau Güell, Casa Calvet y Casa Batlló. 

バレンシアの裁判所・旧議事堂のファサード。
ガウディがメモを残した写真家ジャン・ロランの一覧にこのファサード写真がある。階ごとに異なる形の窓がこのファーサードを特徴的なものにしている。主階(日本でいう2階)が最も大きく開けられ三角形の破風を上端に設けることで、内部空間の格式の高さを表現している。その上には中二階に設けられるような小窓があり、さらにその上には居室の窓が設けられている。窓が内部空間の性格をファサードに表わすのは、ルネサンス期に確立された古典的文法であり、ガウディもグエル邸、カサ・カルベット、カサ・バトリョにおいて、この文法を下敷きにしている。

ー
photo+text: @takeshiyamamura_ (Associate Professor, Tokyo Polytechnic University)
ー

[展示名] 未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing
[会期] 2021年10月15日~11月3日
[会場] 東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(六本木)

[Title] Window on the Future―Gaudí Meets 3D Printing
[Dates] October 15 – November 3, 2021
[Venue] Galleria B1 Atrium, TOKYO MIDTOWN (Roppongi) 

#YKKAP
#windowonthefuture
#未来をひらく窓
#GaudíMeets3DPrinting
#AntoniGaudí
#antonigaudi
#window
La Alhambra (XIII-XVIII, Granada)

The window of the Lindaraja Mirador at the Alhambra. It used to command a view over Granada in the Muslim period.[1] A third of the Jean Laurent photographs listed in Gaudí’s
Real Alcázar de Sevilla (Xc-XVIc, Sevilla)

The Hall of Ambassadors at the Alcázar of Seville. The Alcázar is a royal palace and one of Spain’s most renowned works of Islamic architecture. Gaudí had studied the characteristics of Islamic architecture in detail since he was a student, as is evinced by his many notes on the subject in the
Cathedral De Sevilla (1401-1507, Sevilla)

A window at Seville Cathedral. The Christian church was built over the remains of an old mosque. The mixing of Islamic and Christian building elements is one characteristic of Spanish architecture, and it has at times given rise to some peculiar forms. This window is unique in that its inner and outer openings are not aligned. 
In his later years, Gaudí also developed designs for shifted windows whose inner and outer openings are connected by hyperbolic paraboloids that reflect light and sound.[1]

Una ventana en la Catedral de Sevilla. La iglesia cristiana fue construida sobre la antigua mezquita. La mezcla de elementos de estilo islámico y cristiano es una de las características de la arquitectura española, dando a veces como resultando formas peculiares.  Esta ventana es única en el hecho de que su apertura exterior e interior no quedan alineadas.
En sus últimos años Gaudí también desarrollo ventanas en las que la apertura interior y exterior quedaban desplazadas, conectadas a través de paraboloides hiperbólicos que a su vez reflejaban la luz y el sonido.

セヴィージャの大聖堂の窓。イスラム教の旧モスク礼拝堂を下敷きにしたキリスト教教会堂。イスラム教の建築とキリスト教の建築が混在しているのがスペイン建築の特質である。それゆえに、ときたま不思議な造形が生まれることがある。この窓は内部と外部で窓の位置がズレているのが特徴的である。
ガウディは晩年に、ズレた開口部を双曲放物線面で結び光や音の反射を利用して外部と内部を結ぶデザインを考案していた[1]。

ー
[1] Juan Bassegoda Nonell,
Madrasas of Fez

Windows of a madrasa in Fez. The Arabic word
Fatges (Traditional Catalan)

The village of Fatges in Tarragona, Catalonia. The traditional masonry houses that famers built for themselves are known as
ページトップへ