INFORMATION

未来の窓を体験する20日間

会期:2021年10月15日(金)~11月3日(水・祝)
時間:11:00~21:00(会場の営業時間に準ずる)
会場:東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(東京・六本木)
入場無料・予約不要
【同時出展】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2021/DESIGNART TOKYO 2021

2021.10.15FRI−11.3WED at TOKYO MIDTOWN

YKK AP’S MESSAGE

共創が描く未来の窓

YKK APは「Architectural Productsで社会を幸せにする会社。」というパーパスに基づき、 窓が建築や人々の生活をより自由に、より幸せにすることを目指し、日々窓を考えています。 本展「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」では、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの窓に着想を得て、自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、3Dプリンタでつくる新しい窓のプロトタイプデザインを展示します。 自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた窓自身がさらなる未来を切りひらいていく様を表現すると同時に、 YKKグループ環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、 ガウディの「建築と自然の融合」というひらかれた建築思想にも共鳴しています。 また、「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かしていく取り組みでもあります。

EXHIBITION

ガウディの窓 3Dプリンティング 未来をひらく窓 共創プロセス 建築家インタビュー

主催・企画: YKK AP株式会社
特別協力: カサ・バトリョ、カサ・ミラ、カサ・ビセンス、グエル邸、グエル公園―バルセロナ市・バルセロナ市歴史博物館、コロニア・グエル教会
後援: スペイン大使館
協賛: 前田建設工業株式会社ICI総合センター、MOLp® by 三井化学、AGCセラミックス株式会社
学術監修: 山村健(東京工芸大学准教授)
学術協力: 東京工芸大学山村健研究室、早稲田大学石田航星研究室、田中浩也(慶應義塾大学教授)
企画アドバイス: ダニエル・ギラルト・ミラクル

  • ◆熱がある方、体調のすぐれない方は、入場をご遠慮ください。
  • ◆来場される際は、必ずマスクを着用してください。
  • ◆展示物には絶対にお手を触れないようお願いします。
  • ◆入退場時には、手指のアルコール消毒をお願いします。
  • ◆飛沫感染を防ぐため、スタッフもマスクを着用します。
  • ◆社会的距離(2メートル)を確保するため、入場制限や、座席の間隔を空ける等の対応を行う場合もございます。
  • ◆会場内での飲食はご遠慮ください。
  • ◆その他、主催者や会場となる施設の指示に従い、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をお願いします。

SHARE

Instagram Facebook Twitter LINE

ページトップへ