YKK AP

玄関引戸 れん樹
次世代住宅ポイント対象商品
 ※補助対象とならない場合がございます。詳細はこちらをご確認ください。

※次世代住宅ポイントの対象は、「ランマ無2枚建」のみです。

快適性能

住まいを快適にする断熱仕様

玄関は、暑さ寒さの影響を受けやすい場所

窓や玄関などの開口部は、住まいの中でいちばん熱の出入りしやすい場所。開口部の断熱性能を高めることで、夏も冬も部屋のいごこちが快適になり冷暖房も節約できます。これからの引戸は、断熱性能にすぐれた複層ガラス仕様がおすすめです。

※上記数値はYKK AP算出です。
窓からの熱の流入出比率の算出条件【解析No:00002】
使用ソフト:AE-Sim/Heat(建築の温熱環境シミュレーションプログラム)/(株)建築環境ソリューションズ●気象データ:「拡張アメダス気象データ」2000年版 標準年/(一社)日本建築学会 ●住宅モデル:2階建て/延床面積 120.08㎡/開口部面積 32.2㎡(4~8地域)「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ住宅」標準住戸のプラン●躯体:平成28年省エネルギー基準レベル相当 ●窓種:アルミ(複層ガラスA4以上A10未満) ●環境条件: 冬:外気温:0.5℃、室温:20℃ 2月24日 5〜6時(日平均外気温最低日)、東京 夏:外気温:33.4℃、室温:27℃ 8月10日 14〜15時 (日平均外気温最大日)、東京

れん樹は複層ガラス仕様対応

れん樹は、大部分のデザイン(通風障子のA16・A17を除く)に複層ガラス仕様をご用意。2枚の板ガラスの間に乾燥空気を密封しているため断熱性が高く、冷暖房効率アップ・結露低減などのメリットがあります。

下枠の段差が少なく車輪も通りやすい

下枠の段差を抑えているので車いすやベビーカー、スーツケースなどもスムーズに安心して通れます。レールはステンレスを採用。摩耗やサビにも強く、耐久性にも優れています。

通風デザインもご用意(単板ガラス仕様のみ)

自然の風を取り入れたいお住まいには、通風デザイン(単板ガラス仕様)がおすすめです。A16・A17デザイン(単板ガラス仕様のみ)は、障子下部を上にスライドして換気が可能。窓とあわせて家の中に風の入口と出口をつくることで、風の流れをコントロールでき、健康とエコに配慮した暮らしを実現します。

このページをご覧の方は、こちらの商品もご覧になっています

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

この商品のTOPへ戻る

ショールーム

実際の商品を見てチェック、触って実感いただけます

お客様サポート

ご購入前のご相談から、アフターフォローまで
幅広くサポート