YKK AP

商品のお手入れ方法

開き窓テラス・テラスドア

閉まりをよくする

閉まりにくかったり、閉めたときにガタつく場合は、ラッチ受けの位置を調整して改善できます。

ラッチ受けの調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

1. ドアを開ける

ドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定します。

2. 調整ネジをまわして位置を調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわして、調整板の位置を調整します。
※調整ネジを1/8回転(45°)まわすごとに、調整板が横方向に1mm単位で移動します。

ラッチ受けの調整方法 手順2画像

3. ドアを閉めて確認する

ドアを閉めて、閉まり具合やカギのかかり具合を確認します。
※ドアの閉まり具合やカギのかかり具合が良くなるまで、手順1~2を繰り返し、調整板の位置を調整してください。

1. ドアを開ける

ドアを開け、閉まらないようにドアストッパーなどで固定します。

2. 調整ネジをゆるめる

プラスドライバーで調整ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

ラッチ受けの調整方法 手順2画像

3. ラッチ受けまたは錠受けを調整する

ラッチ受けまたは錠受けを上下左右に動かして位置を調整します。

ラッチ受けの調整方法 手順3画像

4. 調整ネジをしめる

調整ネジを時計回りにまわしてしめます。
※ドアの閉まりやカギのかかり具合が良くなるまで、手順1~3を繰り返し、ラッチ受けまたは錠受けの位置を調整してください。

ラッチ受けの調整方法 手順4画像

1. 窓を開けて固定する

2. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジをゆるめます。

ラッチ受けの調整方法 手順2画像

3. ラッチ受けの位置を調整をする

ラッチ受けの調整部を動かして、扉が戸当りヒレに当たるよう調整します。
窓が閉まりにくい場合は、窓が開く方向に移動し、窓がガタつく場合は、窓が閉まる方向に移動します。
※調整範囲は±2.5mmです。

ラッチ受けの調整方法 手順3画像

4. 固定ネジをしめる

プラスドライバーを時計回りにまわして固定ネジをしめます。

ラッチ受けの調整方法 手順4画像

※このページの情報は2020年5月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2020年5月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。