YKK AP

HOME カーポートの選び方 出し入れのしやすさや敷地条件に配慮した方式を選ぶ

出し入れのしやすさや敷地条件に配慮した方式を選ぶ出し入れのしやすさや敷地条件に配慮した方式を選ぶ

カーポートにさまざまな支持方式(柱の本数や位置)があります。駐車スペースの道路に面した間口の広さに応じて、駐車の際に柱が邪魔にならないよう配慮して選ぶことが大切です。

間口の広さと相談して
「支持方式」を決める

片側支持方式

左右どちらか片側に柱を設けたもの。駐車の際に柱が邪魔になりにくく、出し入れがしやすいと言えます。
基本的に1台用ですが、縦方向につなげ(連棟)たり、左右方向に連結させる(合掌タイプ ※下記参照)ことで、2~4台用にすることもできます。

後方支持方式

後方(背面)だけに柱を設けたもの。駐車スペースの左右に余裕がなくても出入りがしやすいメリットがあります。
左右に間口の広い2台用もあります。

両側支持方式

左右両側に柱があるもの。安定感がある形状なので、間口の広い2~4台用もあります。車の出し入れの際に柱に当たらないよう、間口にある程度余裕を持たせることが大切です。

2台用の並列式の駐車場にカーポートを取り付ける際にまず候補に挙がるのは「両側支持」のワイドタイプのカーポート。しかし、柱位置の制限や敷地形状の問題で「両側支持」のカーポートが設置できない場合もあります。こんな時、片側支持のカーポートを連結させる「合掌タイプ」という方法があります。

向かい合せて「M合掌」

「両側支持方式」に似ていますが、メリットは敷地に合せたサイズの調整がしやすいこと。台形などの敷地形状でも、左右でサイズの違うカーポートを組み合わせるなどして上手に設置可能です。

背中合せの「Y合掌」

駐車スペースの端に家の基礎や水道管・ガス管などの埋設物がある場合に、避けて設置できます。また左右がオープンになった解放感のある駐車スペースになります。

YKK APのカーポートシリーズ

エフルージュ FIRSTシリーズ

意匠性と高品質で
スピーディな施工性を両立

製品出荷時に粘着止水剤を塗布した『シーリングレスキャップ』など、施工現場でのシーリングを減らす技術を導入し、高い施工品質を実現します。

耐風 :38m/s~42m/s
耐積雪 :20cm
支持方式:両側(42m/s)、後側(38m/s)

エフルージュシリーズ

フラットな屋根で
すっきりしたデザイン

サイズやデザインが豊富で様々な敷地条件に合せやすい、スタイリッシュなデザインのシリーズです。

耐風 :38m/s~46m/s
耐積雪 :20cm~150cm
支持方式:片側(38m/s)、両側(38m/s~46m/s)、後側(38m/s)

レイナポートグランシリーズ

多彩なラインアップ

ベーシックなタイプをはじめ、台数、気候など様々な条件に対応する幅広いラインアップのシリーズです。

耐風 :38m/s~42m/s
耐積雪 :20cm~50cm
支持方式:片側(38m/s)、両側(38m/s~46m/s)、後側(38m/s)

ジーポートneo シリーズ

豪雪地域対応

雪の多い地域に適した、強靭な耐積雪性能と耐風強度を併せ持つ折板屋根のカーポートです。

耐風 :46m/s
耐積雪 :100cm~200cm
支持方式:両側

レオンポートneo シリーズ

強風地域対応

台風の通り道など、強い風の影響を受けやすい地域に適し、優れた耐風性能を発揮するカーポートです。

耐風 :46m/s
耐積雪 :50cm
支持方式:両側

エクスティアラ シリーズ

ワンランク上の車庫空間を実現

上質な機能とデザインを兼備。シャッターありタイプもご用意しています。

耐風 :42m/s
耐積雪 :20cm
支持方式:両側

ファクトポートシリーズ

使い勝手のよい波板カーポート

手頃に、そつなく、強度やデザインへの要求を満たす波板カーポート。

耐風 :34m/s
耐積雪 :20cm
支持方式:片側