カテゴリを再選択
  • インテリア建材
  • インテリア建材
  • クローゼットドア(開き戸タイプ)
  • 調整方法

クローゼットドアの建付け調整方法

安全上のご注意

※商品を調整する際は、電動ドライバーを使用しないでください。商品の不具合や破損の原因となります。
ご自身で調整しても不具合が改善されない場合は、まずお取り扱いの建築業者、工務店、販売店、または、当社お客様相談室に修理を依頼してください。

POINT

原因は扉の傾き
ドアが枠や床などにぶつかるのは、扉の取付け位置がズレて扉が傾いていると考えられます。
これは、扉を枠に固定している丁番(クローゼットの高さによって数は異なります)を調整して改善できます。

●扉が上枠や下枠にぶつかる場合
 上下の調整

POINT説明画像 扉が上枠や下枠にぶつかる様子

●扉同士や左右の枠にぶつかる場合
 左右の調整

POINT説明画像 扉同士や左右の枠にぶつかる様子

●扉が前後に傾いている場合
 前後の調整

POINT説明画像 扉が前後に傾いている様子

建付け調整方法(上下)

上下調整のネジの位置は、左右の扉で異なり、まわす方向も逆になります。ここでは、左側の扉の丁番で手順を説明します。

建付け調整方法(上下) 画像

扉の高さを調整する

プラスドライバーですべての丁番の調整ネジをまわして扉の高さを調整します。(右側の扉の場合)

  • 時計回りで上がります。
  • 反時計回りで下がります。

※ 左側の扉は逆方向にまわします。
※ 同じ扉に付いている丁番は、すべて同じ調整を行ってください。

 

建付け調整方法(上下) 手順画像

建付け調整方法(左右)

扉の傾き(左右)を調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわして扉の傾き(左右)を調整します。

  • 時計回りで吊元(丁番)側に移動します。
  • 反時計回りで戸先(ハンドル)側に移動します。
建付け調整方法(左右) 手順画像

建付け調整方法(前後)

扉の前後位置を調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわして扉の前後位置を調整します。

  • 時計回りで収納側に移動します。
  • 反時計周りで室内側に移動します。
建付け調整方法(前後) 手順画像

※このページの情報は2021年12月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2021年12月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ