カテゴリを再選択
  • インテリア建材
  • インテリア建材
  • 採光ユニット
  • 調整方法

戸車の調整方法(引違い窓)

安全上のご注意

※商品を調整する際は、電動ドライバーを使用しないでください。商品の不具合や破損の原因となります。
ご自身で調整しても不具合が改善されない場合は、まずお取り扱いの建築業者、工務店、販売店、または、当社お客様相談室に修理を依頼してください。

窓がスムーズに開閉しない。閉めてもスキマができる。それは、窓が傾いているためかもしれません。

POINT

原因は窓の傾き
開閉の不具合やすき間ができるのは、窓が傾いていると考えられます。
引違い窓の場合、戸車の高さを調整して窓の傾きを直すことができます。

※開き窓の場合は、建付け調整は室内ドア(丁番仕様)の調整方法と同じです。

POINT説明画像 窓が傾いている状態→戸車の高さを調整して窓がまっすぐに

戸車の調整方法(引違い窓)

緩衝材をめくり、窓の高さを調整する

緩衝材がついている場合は下部を2cm程度めくり、戸車の調整穴にプラスドライバーを差し込んで、調整ネジをまわして窓の高さを調節します。

  • 時計回りで窓が上がります。
  • 反時計回りで窓が下がります。

 

戸車の調整方法(引違い窓) 手順1画像

※このページの情報は2023年10月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2023年10月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ