カテゴリを再選択
  • インテリア建材
  • インテリア建材
  • 室内ドア
  • 調整方法

建付けやスキマを直す

安全上のご注意

※商品を調整する際は、電動ドライバーを使用しないでください。商品の不具合や破損の原因となります。
ご自身で調整しても不具合が改善されない場合は、まずお取り扱いの建築業者、工務店、販売店、または、当社お客様相談室に修理を依頼してください。

ドアが枠や床に当たったりこすれたりして開け閉めしにくい場合、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

建付けの悪さは、扉の傾きやズレが原因と考えられます。扉を枠に固定している「ピボットヒンジ」または「丁番」を調整して改善できます。

※採光ユニットの開き窓、戸襖ドア、和襖開き戸も同じ手順で調整できます。

POINT説明画像 ピボットヒンジと丁番の位置を図示

●扉が上枠や床にぶつかる場合

扉の位置が上すぎる、または下すぎると考えられます。「ピボットヒンジ」または「丁番」を上下方向に調整してください。

POINT説明画像 扉が上枠や床にぶつかる様子

●扉が左右の枠にぶつかる場合

扉が傾いていると考えられます。「ピボットヒンジ」または「丁番」を左右方向に調整してください。

POINT説明画像 扉が左右の枠にぶつかる様子

●扉が前後に傾いている場合

「ピボットヒンジ」または「丁番」を前後方向に調整してください。

POINT説明画像 扉が前後に傾いている様子

オプション部品「ボトムエアタイト」もチェック

ボトムエアタイトは、ドアと床のすき間を調整するための部品です。ドアを閉めると調整ロッドが押され、ドアの下にボトムエアタイトが出る仕組みになっています。すき間風が気になる場合は、ボトムエアタイトの高さを調整してください。

建付け調整方法(上下)

仕様によって方法が異なります。

建付け調整方法(左右)

仕様によって方法が異なります。

建付け調整方法(前後)

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法

1. ドアを開けて固定する

2. ボトムエアタイトの高さを調整する

マイナスドライバーで調整ロッドをまわしてボトムエアタイトと床との距離が5~14mmになるよう調整します。

  • ・時計回りで出が小さくなります。
  • ・反時計回りで出が大きくなります。

※ ドアを閉めた時、ボトムエアタイトが床面に当たるように調整してください。

ボトムエアタイト(オプション)の調整方法 手順2画像

※このページの情報は2023年10月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2023年10月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ