カテゴリを再選択
  • インテリア建材
  • インテリア建材
  • 室内ドア
  • 調整方法

ハンドルまわりを改善する

安全上のご注意

※商品を調整する際は、電動ドライバーを使用しないでください。商品の不具合や破損の原因となります。
ご自身で調整しても不具合が改善されない場合は、まずお取り扱いの建築業者、工務店、販売店、または、当社お客様相談室に修理を依頼してください。

ハンドルのネジをしめ直すことで、ハンドルのガタツキを調整できます。
ドアが閉まりにくかったり、閉めた時にガタつく場合は、ラッチ受けの位置を調整して改善できます。
戸襖ドアも同じ手順で調整できます。

ハンドルのガタつき調整方法

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジをゆるめます。

ハンドルのガタつき調整方法 手順1画像

2. ハンドルをはずす

ドアの両側からハンドルを持ち、引き抜きます。

ハンドルのガタつき調整方法 手順2画像

3. カバーをはずす

カバーの下部にあるくぼみにマイナスドライバーを差し込んで、カバーをはずします。

ハンドルのガタつき調整方法 手順3画像

4. 台座のネジをしめる

台座のネジ(2か所)がゆるんでいる場合は、プラスドライバーを時計回りにまわしてネジをしめます。
その際、ハンドルを扉に仮付けし、スムーズに操作できるか確認します。台座が変形しないようにしめ過ぎにご注意ください。

ハンドルのガタつき調整方法 手順4画像

5. ハンドルを取り付ける

カバーの下部にあるくぼみと台座下部のくぼみを合わせ、くぼみが下向きになるよう取り付け、ハンドルをドアの前後から差し込み確実に押し込みます。

ハンドルのガタつき調整方法 手順5画像

6. 固定ネジをしめる

プラスドライバーで固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

ハンドルのガタつき調整方法 手順6画像

ラッチ受けの調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

マグネット受けの調整方法(ファミット ガラスタイプ)

ドアが開けにくい場合や、軽い力で開いてしまう場合は、マグネット受けの位置を調整してください。

1.ドアを開けて固定する

2.固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジ(2か所)をゆるめます。

マグネット受けの調整方法(ファミット ガラスタイプ)手順2画像

3.マグネット受けの位置を調整する

マグネット受けを動かして位置を調整します。ドアが軽い力で開いてしまう時はドアが開く方向に移動し、ドアが開けにくい場合はドアが閉まる方向に移動します。


※ 調整範囲は±2.5mm(親子ドアは±1.5mm)です。

マグネット受けの調整方法(ファミット ガラスタイプ)手順3画像

4.固定ネジをしめる

プラスドライバーで固定ネジを時計回りにまわしてしめます。

マグネット受けの調整方法(ファミット ガラスタイプ)手順4画像

※このページの情報は2023年10月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2023年10月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ