カテゴリを再選択
  • 玄関ドア・引戸
  • 玄関・勝手口ドア
  • 土間引戸
  • お手入れ方法

引戸を取りはずしてお手入れする

安全上のご注意

引戸を取りはずして掃除することができます。

POINT

はずれ止めは室外側の引戸(室内側の引戸と重なる部分)にあります。

上部に「はずれ止め」がついており、これを解除するためドライバーが必要になります。

引戸を取りつけ直すときには必ず、はずれ止めを再セットしてください。

 

引戸の取りはずし方

※注意

ガラスの入った引戸は重量があります。引戸の脱着は、必ず2人以上で行ってください。

引戸を落下させるなど、思わぬ事故やけがにつながるおそれがあります。

1. 網戸をはずす

網戸をはずします。

網戸の取りはずし方はこちら

2.室内側の引戸をはずす

引戸を持ち上げ、引戸の下部を手前に引いて下レールからはずします。

3.室外側の引戸のはずれ止めを解除する

引戸のはずれ止めを解除します。

4.室外側の引戸をはずす

引戸を持ち上げ、引戸の下部を手前に引いて下のレールからはずします。

引戸を取りつける時は逆の手順で行ってください

室外側の引戸からはめ込みます。はめ込む際は引戸の上部を上のレールにはめ、引戸を持ち上げて下のレールにはめ込みます。

※必ず、はずれ止めを再セットしてください。

はずれ止めの解除方法

調整ネジの動きに連動して、はずれ止め(金属部品)が上下に動きます。

はずれ止めの状態をご確認ください。通常お使いいただく時はセットされた状態です。

1. 調整ネジをゆるめる

プラスドライバーで調整ネジを反時計回りにまわしてゆるめます。

※お願い

ネジは絶対にはずさないでください。引戸内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがあります。

2. 調整ネジを下げる

調整ネジを一番下まで下げます。

3. 調整ネジをしめる

調整ネジを時計回りにまわしてしめます

はずれ止めを再セットする時は逆の手順で行ってください

はずれ止めをしっかり押し上げてネジをしめ直してください。最後に引戸を持ち上げるようにして引戸がレールからはずれないことを確認してください。
引戸が動かしにくい場合は、逆の手順を繰り返し、はずれ止めを少しずつ下げてください。

※このページの情報は2023年10月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2023年10月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ