YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

かんたん マドリモ 樹脂窓 北海道

WEBカタログを見る

施工例

リフォームで幸せな家を作る(札幌市 H様邸)

リフォームで幸せな家を作る

「家がキレイになると幸せな気持ちになれるでしょ、だからリフォームが好きなんです」と笑顔で語るのは、H家の『家のこと』を一手に引き受ける奥さん。23年前に購入した家に手を加えながら、自分らしい家を作り上げてきた。クロス壁からリフォームした漆喰塗りの壁にレンガの飾り、無垢の木の家具で素敵にまとめられたリビング、骨董家具や織物が飾られた和室のインテリアや、果樹やバラが育つナチュラルな雰囲気の庭からも、奥さんの家への愛情が伝わってくる。
窓をリフォームしたのは、奥さんいわく、「年数も経っているし、古い窓だと寒いのかも?と思ったんです。寒くて困っていたわけでも、窓が壊れたわけでもないけれど、設備類も順にリフォームしてきたので、そろそろ窓を変えるタイミングかな?と思って」「うちは二人とも、あまり寒がりじゃないんですよ。それにリビングは南向きで日当たりがよいので、冬でも割と暖かいんです」とHさん。
「それでも窓を変えたら、結露がピタッとなくなったし、古いままの階段上の窓から冷気が降りてくるのを感じるようになり、やっぱり新しい窓の効果は大きいなと感じています」と、リフォーム後の様子を語る。

結露知らずの窓で安心の暮らし

1階の3カ所、2階の3カ所の計6枚を、屋外側がアルミ枠、内窓が樹脂枠の二重窓から複層ガラスの樹脂窓にリフォーム。内窓は曇りガラスだったので部屋の明るさも増した。
「外開き窓とフィックス窓を組合せて、以前の引違い窓よりもガラス面が大きくなったので、明るさはもちろん庭もよく見えるようになりました。唯一、屋外側の窓拭きが部屋から腕を伸ばしても届かないのがごく小さな難点でしょうか」。
リフォーム前、心配だったのは2階のHさんの部屋の窓。結露の要因となる湿気=人の呼吸や発汗は、広いリビングよりも狭い個室のほうがこもりやすい。Hさんの部屋の窓は、ベランダに面した掃き出し窓で面積も大きいため「もしかしたら新しい窓でも結露が出てしまうかも……と工務店の方から聞いていたのですが、真冬でも結露は起こらず、暖かく快適に過ごしています」とHさん。
春が来て雪が溶けたら、冷気を感じている窓のリフォームもしたいとお二人。愛情とセンスに溢れる家づくりはまだまだ続き、もっと快適な暮らしの場となるだろう。

施工例

冬の悩みが解決(小樽市 E様邸)

冬の悩みが解決

「冬といえば、厚着をしてコタツに入ってもまだ寒さを我慢していたのが、この冬は、こんなに薄着で過ごせるようになりました」と嬉しそうに教えてくれたのは、小樽市のEさんご夫婦。
親の代から受け継いだ築40年の木造住宅は、アルミと樹脂の二重窓からのすきま風と冷気、拭いても拭いても追いつかない結露にカビ、と冬の窓辺の悩みが勢ぞろいしていた。
「居間の窓は西向きなのですが、冬は西風が強く、冷たい風が窓に吹き付けるんです。古い家なので、窓枠と壁の間からもすき間風が入り寒い家でした」。大きな窓は、眺めはよいが暖気を逃し、寒さを運んでくる窓でもあった。 リフォームをしたのは、すでに交換済みだった浴室を除く家中16カ所の窓。暮らしの場である1階の居間、キッチン、和室は高い断熱性を求めて、世界トップクラスの断熱性を持つトリプルガラスの樹脂窓に。ほかの部屋は複層ガラスの樹脂窓に交換し、同時に床下にウレタンを吹き付ける断熱工事も行った。
「部屋の居心地は以前とは全然違います。結露もないし、2階で使っていた灯油ファンヒーターは、すっかり使わなくなりました」と奥さん。Eさんも、「古い枠の上から新しい枠で覆う工法なので、悩みの種だった壁と枠とのすき間もなくなり、とても暖かくなりました」と笑顔を見せる。

暖かい家なら活動的になれる

すきま風がなくなった今、西風の当たる居間の窓は、日が傾くころから西日が入り、暖かさを運んでくれる窓へと変わった。
居間とひと間続きのキッチンは朝日の入る東向き。住宅が隣接しているので、こちらの窓には視線を遮る型ガラスを採用。「以前は、居間は真ん中に桟のある古いタイプの窓、キッチンは小さな引違い窓だったので、新しい窓にしたことでガラス面がすっきりし、家中が明るくなった気がします」。
窓がよくなると、部屋が暖かく、明るくなる。暖かいから、コタツから離れるのも苦ではなくなり、薄着で動き回れるようになる。結露を拭いて回る手間もなくなる。特に寒さの厳しい地域では、窓を変えるのと変えないのとでは、暮らしぶりに大きな違いが出る。「窓を変えてから、オイルヒーターの止まっている時間も増えたので、燃料代も減っているはずです」と、窓リフォームは、人にも家にも家計にも、いいこと尽くしのようだ。

施工例

窓が凍ってびっくり!(石狩市 K様邸)

窓が凍ってびっくり!

窓の結露がひどく、家中のカビに悩まされていたのは石狩市のKさん。築23年の家には複層ガラスの樹脂窓が付いていたが、「二重ガラスの中にも結露が起きて、カビが生えていました。掃除もできずに本当に困っていたんです。寒さの厳しい日に帰宅してみると、窓が凍りついていたのには、さすがにびっくりしました」。レバーも凍りつき開け閉めができず、挙句の果てには折れてしまう、と厳しい寒さによる窓辺のトラブルが続いた。 家族が集い、愛犬もくつろぐリビングには、部屋の角にL字型の大きな窓があり、そこが冷気の入口と暖気の出口となってしまうため、部屋の中はとても寒い。そんな状態をなんとかしなければ……と、2カ所の窓のガラス交換工事を行ったが、「残念ながら、変化は感じられませんでした」と、リフォーム前を振り返る。 そのころ、Kさんの実家が窓のリフォーム工事を行い、とても快適になったことを聞き、自宅でも同様の工事を検討。「実家の窓は、見た目があまり好みではなかったので、もっとかっこいい窓にしたいと、ショップを探し、窓を選びました」。 Kさんが選んだのは、室内側がホワイト色、室外側がプラチナステン色の樹脂窓+Low-E複層ガラスの断熱タイプ。カバー工法で、家中7カ所の窓をリフォームした。

暖かく明るく、美しくなり大満足

「約10日の工事を終え、冬を迎えてみると、あれほど悩んでいた結露がまったくなくなりました。もちろん、部屋も暖かくなり、ストーブの運転を止める時間が増えた気がしますね」と大満足のKさん。以前は凍っていた窓なのに、新しい窓は枠や窓を触っても冷たくないことに驚いている。室内で大きな割合を占める窓が新しくなったので、部屋の印象も明るく美しくなった。「中学生の娘は、部屋がキレイになったことを喜んでいます」。 奥様も、「階段の上の窓は開かないFIX窓だったのですが、開け閉めできる窓にかえてもらったら、風通しが良くなり、夏も涼しく過ごしやすくなりました」という。「うちには犬がいるので、夏はエアコンをつけるのですが、窓をかえてから冷えるのが早く、日差しが入っても部屋の温度が上がらなくなりました」。 このリフォームで、窓の進化や断熱性の大切さを実感したKさんは、いまユニットバスのリフォームを検討中。カタログを片手に、より快適な家での暮らしを夢見ている。

施工例

木製窓の傷みからリフォームを決意(札幌市 U様邸)

木製窓の傷みからリフォームを決意

20年前の新築時から、断熱性を重視した家づくりを心がけたUさんの住まいは、2×6材を使った厚い壁に断熱材を充填した高断熱の家。窓はアメリカ製の複層ガラス窓で、風雨にさらされる屋外側をアルミで覆ったアルミクラッドを選んだ。 「見た目も美しく、断熱性もよかったのですが、20年も経つと雨濡れや結露、部屋の湿度などで、室内側の無垢の木が露出して傷みやカビが進み、金具類もガタついて、開閉もしづらくなってきました」とUさん。輸入窓のためメンテナンスに対応できる所も少なく、ガラスが割れた窓を1カ所交換したことをきっかけに、家中の窓を取り替えることを決めた。「ある日、キッチンの窓ガラスが割れたので、窓を交換したんです。その結果、こんなにきれいに違和感なく仕上がるのなら、他の窓もかえたほうがいいかも、と交換箇所が増えていきました」と奥様。原因不明のガラス割れも、他の窓は大丈夫なのだろうか?と不安の種になり、窓リフォームの実行を後押しした。 最終的に交換した窓は全部で19カ所。すべて複層ガラスの樹脂窓にリフォームした。 「以前の窓は格子と固定式の網戸が付いていたので暗かったのですが、新しい窓にかえたら部屋が明るくなり、開け閉めもしやすくなりました」。

大規模な工事も安心してお任せできた

部屋を均一に温める蓄熱暖房でが活躍するリビングで目を引くのは、5面の大きなボウウインドウ(弓形に張り出した窓)。新築時に取付けたのは一体型の出窓だが、今回のリフォームでは、ショップからの提案でたて型の窓を5枚組合せて、同様の形をつくっている。 この部分は通常の窓リフォームと異なり、外壁工事も加わる大掛かりな工程となるため、実行するかしないか悩みどころだったが「窓の重みで壁が下がってしまい、階下への水漏れが起きていました」というトラブルもあったため、最終的には工事を決意。「窓、壁の工事ともに、ショップさんから良い方法を提案してもらえたので安心してお任せすることができました」とUさん。美しく仕上がった窓は、部屋をより明るく、広く見せてくれるのにも一役買っている。 「躯体と窓をきちんとしていれば家は長持ちします。20年経った今、窓を新しくしたので、また何十年も安心して暮らすことができます」とお二人。窓リフォームは、現在の快適な暮らしだけでなく、将来的な安心感をも、もたらしてくれた。

施工例

開放的な大きな窓が悩みの種(札幌市 S様邸)

開放的な大きな窓が悩みの種

札幌市のSさんが、築29年の中古住宅に暮らして2年。入居後最初の冬を過ごしたあと、2カ所の窓を複層ガラスの樹脂窓から、トリプルガラスの樹脂窓にリフォームした。 「どこを優先してリフォームすべきかを見極めるため、まずは購入したときのまま入居しました」と語るのは奥様。入居してみると、リビングの大きな窓はガラス内部にまで結露やカビが発生しており、また、以前の住人が窓間の柱を外して一枚の大きな窓にかえたことで、2階の床が下がってきつつある、といった窓周りの問題が発覚。古い窓のため断熱性も低く、暖房をつけても肌寒いのも悩みの種だった。 最優先すべきは、リビング窓のリフォームだと考え工務店に相談したところ、窓を交換するときにレンガ張りの外壁が壊れてしまうおそれが大きい、といわれてしまう。 「新しいレンガを張ったとしても、窓の周りだけ色が違ってしまうといわれ、せっかく窓を新しくするのに、壁がそんなふうになってしまうのは嫌だな……と困りはてました」。 そんなとき知ったのが、古い窓枠を外さずに新しい窓に交換することができる「マドリモ」だった。「ほかの窓にも結露は起こるのですが、個室を使うのは寝るときだけなので、まずはリビングを最優先。一度に全部をリフォームするのは、予算的にも大変ですからね」と奥様。壁を壊すような大規模な工事ではないので、1カ所ずつでも都合に合せて交換できるのもマドリモのいいところだ。

カーテンを開け放して、開放的に暮らせるように

窓リフォームの際、大きな窓の真ん中に柱を増設したことで、2階床の下がり対策も万全。新しい窓にかえてから、同じ暖房を使っていても、部屋が暖かくなったのはもちろんのこと、「外からの視線が気にならなくなったので、カーテンを開けて気持ちよく暮らすことができます」と奥様。 新しい窓に入っている断熱タイプのLow-E複層ガラスは、反射の具合で日中、屋外からは室内がほとんど見えない。これまで日中はレースのカーテンを閉めっぱなしだったS邸でも、いまでは、四季折々の花が咲く庭の景色や遠くの山も眺められるようになった。 「それに、結露が起こらないのがいいですよね。以前は毎日のように窓台が水浸しになって……あの、面倒な掃除から開放されて、とてもうれしいです」。気持ちよく過ごせるようになった窓辺に置いたハンモックに揺られるのが、奥様の最近の休日の楽しみだ。

施工例

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品ラインアップへ戻る

pagetop