YKK AP

商品のお手入れ方法

玄関収納

開き戸の建付けやガタツキを直す

開き戸が閉まりにくかったり、枠にぶつかる場合は、建付けを調整することができます。

POINT

原因は扉の傾き

ドアが枠や床などにぶつかるのは、扉の取付け位置がズレて扉が傾いていると考えられます。
これは、扉を枠に固定している丁番(開き戸の高さによって数は異なります)を調整して改善できます。

扉が上枠や下枠にぶつかる場合:
上下の調整

POINT説明画像 扉が上枠や下枠にぶつかる様子

扉同士や左右の枠にぶつかる場合:
左右の調整

POINT説明画像 扉同士や左右の枠にぶつかる様子

扉が前後に傾いている場合:
前後の調整

POINT説明画像 扉が前後に傾いている様子

建付け調整方法(上下)

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして扉に付くすべての丁番の固定ネジ(各2か所)をゆるめます。

建付け調整方法(上下) 手順1画像

2. 扉の高さを調整する

扉を上下に動かして高さを調整します。

建付け調整方法(上下) 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

扉の位置を固定した状態で、プラスドライバーを時計回りにまわしてゆるめた固定ネジをすべてしめます。

建付け調整方法(上下) 手順3画像

建付け調整方法(左右)

扉の傾き(左右)を調整する

プラスドライバーで調整ネジをまわして扉の傾き(左右)を調整します。

・時計回りで吊元(丁番)側に移動します。
・反時計回りで戸先(ハンドル)側に移動します。

建付け調整方法(左右) 手順画像

建付け調整方法(前後)

1. 固定ネジをゆるめる

プラスドライバーを反時計回りにまわして固定ネジをゆるめます。

建付け調整方法(前後) 手順1画像

2. 扉の前後位置を調整する

丁番を直接動かして、扉の前後位置を調整します。

建付け調整方法(前後) 手順2画像

3. 固定ネジをしめる

扉の位置を固定した状態で、プラスドライバーを時計回りにまわして固定ネジをしめます。

建付け調整方法(前後) 手順3画像

※このページの情報は2019年12月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」の掲載内容に基づいています。
※2019年12月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。