YKK AP

HOME商品ラインアップ窓・シャッターAPWAPW TOPAPW 330ラインアップ ラインアップ 真空トリプルガラス仕様

真空トリプルガラス仕様

1

樹脂フレーム

樹脂はアルミに比べ熱伝導率が約1,000分の1。高い断熱効果を発揮します。

2

真空層

ガラスとガラスの間の0.2㎜の真空層が強力な断熱効果を発揮。微量な分子しか存在しない真空中では熱伝導がほぼゼロになり、対流による熱の移動も起こりません。

3

Low-E金属膜

太陽の熱が地球に届くように、真空中でも熱エネルギーは「放射」によって伝わります。この放射熱を反射させ伝わりにくくするための金属膜がガラスの内側にコーティングされています。

4

アルゴンガス層

ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填。空気に比べ熱伝導を約30%抑えます。

5

樹脂スペーサー

ガラスとガラスをつなぐスペーサーは従来アルミ製が一般的でした。樹脂にしたことでガラスエッジからの熱伝導を抑えます。

熱貫流率 0.99 W/(m2・K)

たてすべり出し窓 + FIX連窓
[16513サイズ]
[日射遮蔽型クリア・アルゴンガス入
※窓の熱貫流率
(JIS A 2102-1に準じた計算値)

  • ※1 窓の熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値のことで数値が小さいほど性能が良いことになります。(社内方法/JIS A 4710:2004に準じた社内試験結果)
  • ※2 「APW 330」Low-E複層ガラス(ガス無し)アルミスペーサーとの比較。

ショールーム

実際の商品を見てチェック、触って実感いただけます

お客様サポート

ご購入前のご相談から、アフターフォローまで
幅広くサポート