カテゴリを再選択
  • インテリア建材
  • インテリア建材
  • 室内引戸・間仕切(スライディングタイプ)
  • 調整方法

カギのかかりをよくする

安全上のご注意

※商品を調整する際は、電動ドライバーを使用しないでください。商品の不具合や破損の原因となります。
ご自身で調整しても不具合が改善されない場合は、まずお取り扱いの建築業者、工務店、販売店、または、当社お客様相談室に修理を依頼してください。

ロックしても扉がガタついたり、ロックしにくくなった場合は、錠受けを調整します。
また、戸車・吊車で扉の上下調整をした場合にも、錠受け位置をあわせて必ず調整する必要があります。

錠受けの上下調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

錠受けの左右調整方法(アウトセット引戸(特注錠の場合)のみ)

1. 錠受けの左右位置を調整する

プラスドライバーで左右調整ネジをまわして錠受けの左右位置を調整します。

  • 時計回りで手前に移動します。
  • 反時計回りで奥へ移動します。

※ 錠受けの内部が移動するため、目視では確認できません。

錠受けの左右調整方法 手順1画像

2. 施錠し、錠のかかり具合を確認する

錠受けの前後調整方法

商品によって部品の形状や方法が異なります。

大型サムターン用錠受けの調整方法

1. 錠受けの前後位置を調整をする

プラスドライバーで調整ネジをまわして錠受けの前後位置を調整します。

  • 錠をかけた時にガタつきがある場合:反時計回りにまわします。
  • 錠がかけにくい場合:時計回りにまわします。

※ 錠受けの内部が動きます。
※ 出荷時、1番前に出た状態になっています。調整範囲は±2.8mmです。

大型サムターン用錠受けの調整方法 手順1画像

※このページの情報は2021年12月時点での各最新版「使い方&お手入れガイドブック」(住宅用)の掲載内容に基づいています。
※一部除き2021年12月時点で販売している商品の情報のみ掲載しています。

ページトップへ