YKK AP

エピソードNEO-Rとは

業界トップクラスの性能で、より安心・快適。

大雨や強風の被害を防ぐ安心性能と、夏も冬も心地よい室温を保つ快適性能を向上。増え続ける自然災害から住まいを守りたいという、お客様のニーズにお応えします。

※木造用サッシにおける水密性・耐風圧性に関して

大雨時に室内への浸入を防ぎ、 家財を守る安心性能

大雨時に室内への浸入を防ぎ、 家財を守る安心性能

風速20~35m/sの台風・暴風雨※でも、窓からの雨の浸入を防ぐ、「水密性W-5」を達成。大切な住居や家財を守ります。

※1時間あたりの降水量240㎜

風速20~35m/sの台風・暴風雨※でも、窓からの雨の浸入を防ぐ、「水密性W-5」を達成。大切な住居や家財を守ります。
※1時間あたりの降水量240㎜

水の浸入は下枠まで。
室内へあふれるのを防ぎます。

水の浸入は下枠まで。室内へあふれるのを防ぎます。

水密性試験W-5条件下でも、水は下枠までにとどまり、
室内の床への浸入はありません。

※1時間当たりに240mmの水を噴霧し、脈動圧を10分間加え、
雨水浸入状況を確認。(試験方法/JIS A 1517に準じた社内試験)

高い水密性の秘密は、下枠形状にあります。

高い水密性の秘密は、下枠形状にあります。

引違い窓は、下枠寸法を見直すことで下枠内部の貯水容量がアップ。
溜まった水も、排水弁からスムースに排出されます。

強風時に住まいを守る、安心性能

強風時に住まいを守る、安心性能

台風などの強風時に、家を守る大切な役割を果たすために。
エピソードNEO-Rは、風速62m/s相当でも耐えられる、「耐風圧性S-5」を達成。室内の安全性をしっかり確保します。

台風などの強風時に、家を守る大切な役割を果たすために。
エピソードNEO-Rは、風速62m/s相当でも耐えられる、「耐風圧性S-5」を達成。室内の安全性をしっかり確保します。

強い風圧にも耐え、窓の変形を抑えます。

強い風圧にも耐え、窓の変形を抑えます。

「耐風圧性S-5」試験では、従来の木造住宅用サッシ(S-3)の場合、
風圧による変形が激しく、開閉動作にも支障が生じる可能性がありますが、
エピソードNEO-R(S-5)は、変形の程度が少なく、開閉動作も問題なくスムースです。

※試験体全体に風圧力を加え、強度性能を確認。
(試験方法/JIS A 1515に準じた社内試験)

強風時に、窓をサポートする機能部品も充実。

ダブルロック(たてすべり出し窓 オペレーターハンドル仕様)

ロックを2ヶ所とすることで、強い風のあおりなどにも耐えられます。(H>770の商品対象)

スライド網戸(専用品:引違い窓 窓タイプ・テラスタイプ共通)

強風などによる網戸の自走防止に配慮したストッパーを、標準装備しています。

夏でも冬でも、心地よい室温を保つ快適性能

夏でも冬でも、心地よい室温を保つ快適性能

「家の中で熱が一番出入りするのは窓」。エピソードNEO-Rは、室外側がアルミ、室内側が樹脂の複合構造。
断熱性を高めることで、熱の出入りや不快な結露の発生を抑え、快適で健康な室内環境を提供します。

「家の中で熱が一番出入りするのは窓」。エピソードNEO-Rは、室外側がアルミ、室内側が樹脂の複合構造。
断熱性を高めることで、熱の出入りや不快な結露の発生を抑え、快適で健康な室内環境を提供します。

アルミと樹脂のメリットをプラスした複合構造で、快適環境を実現

断熱性・防露性に優れた樹脂を室内側に採用。外気温による影響を低減する、高い断熱性を実現しました。

※【平成28年省エネルギー基準】
「建具とガラスの組合せによる開口部の熱貫流率 樹脂と金属の複合材料製建具+Low-E複層ガラス(中空層10㎜以上)/複層ガラス(中空層10㎜以上)」国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」による。

夏でも窓辺の温度は快適な、アルミ樹脂複合窓

アルミ樹脂複合構造のフレームにLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)を組合せることで、アルミ窓の単板ガラスや複層ガラスに比べて、フレームとガラスの温度が高温になることを防ぐため、室内温度はより快適に保たれます。

※複層ガラスについてくわしくはこちら

年間冷暖房費も節約。

エアコン設定温度 暖房20℃(那覇は冷房のみ運転)、冷房27℃(就寝時28℃)・60%

※試算条件はこちら

関連コンテンツ

このページをご覧の方は、こちらの商品もご覧になっています

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

ショールーム

実際の商品を見てチェック、触って実感いただけます

お客様サポート

ご購入前のご相談から、アフターフォローまで
幅広くサポート