YKK AP

住環境の改善

ガラスもフレームも冷たくならない。
冬の結露の理由を知って、住まいの結露をサラリと解決。

結露を防ぐには、室内の暖かな空気と、窓の表面温度の差を小さくする高い断熱性能が必要となります。
APW 430 防火窓なら、室内側のガラスやフレームに触れてもヒヤリとするような冷たさを感じません。

冬の窓辺の表面温度/結露比較

[試験画像]室外温度:0℃ / 室内温度:24℃
[結露画像条件]室外温度:0℃ / 室内温度:20℃ / 相対湿度:60%

※注意:結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

アルミ(防火窓Gシリーズ アルミ複層)

ガラスにもフレームにも結露が発生し、水滴が流れています。

樹脂窓(APW 430 防火窓)

ガラスにもフレームにも結露はみられません。

冬の窓辺のひんやりがなくなります。

日本の多くの住宅では、非常に熱貫流率の高いアルミを素材とした窓が使用されています。
アルミサッシ(単板ガラス)に比べて、樹脂窓なら高い断熱性能を誇ります。

サーモグラフィカメラによる窓辺の温度比較

[撮影条件]室外:-10℃ / 室内:20℃(東京大学 前研究室 × YKK AP 価値検証センター)

アルミサッシ(単板ガラス)

アルミと樹脂の複合窓

樹脂窓(APW 430)

※画像はAPW 430のものです。

夏の熱気は外からの侵入も防いで住まいの快適をキープ

樹脂窓は、室温を上げる日射熱をブロックします。そのため、室内側のフレームとガラスの温度は、従来の窓のように高温になることもなく、室内温度が快適に保たれるのです。夏の窓辺の表面温度は、窓でこんなにも変わります。

自然を感じる歓びも、快適さのポイント。

おだやかな季節には、風を取り入れて涼やかに過ごしたいもの。吊り元の左右を変えた「たてすべり出し窓」を並べることで、より効果的に風を室内に取り込むことができます。

【条件】使用ソフト:STAR-CCM+ / 風速:1[m/s] / 風向:窓面に対して平行 / 窓:16511 サイズ / 部屋:3.2m×3.2m×2.4m

※イラストはイメージです。

ショールーム

実際の商品を見てチェック、触って実感いただけます

お客様サポート

ご購入前のご相談から、アフターフォローまで
幅広くサポート