YKK AP

めざそう災害に強い家

台風対策 大型化する台風。窓を中心とした対策を。台風対策 大型化する台風。窓を中心とした対策を。

データで見る台風被害

近年、台風などによる記録的被害が年々増加傾向にあります。近年、台風などによる記録的被害が年々増加傾向にあります。

台風(発生・上陸数)

※気象庁「台風の統計資料」より

台風は9月に日本に多い?!台風は9月が多い?!

台風は、春先は低緯度で発生し、西に進んでフィリピン方面に向かいますが、夏になると発生する緯度が高くなり、右図のように日本に向かって北上する台風が多くなります。中でも9月以降になると南海上から放物線を描くように日本付近を通るようになります。ですので、8-9月にかけて台風対策をすることをおすすめいたします。

出典:気象庁ホームページ「台風の発生、接近、上陸、経路」

台風の月別の主な経路

(実線は主な経路、破線はそれに準ずる経路)

すぐできる対策は?

強風や豪雨などの影響を念頭に、できる準備はしっかりと。強風や豪雨などの影響を念頭に、できる準備はしっかりと。

  • (ふだん)水害に備え、窓の下枠や側溝、排水溝の掃除をし、水はけをよくしましょう。
  • (接近前)家の周りの植木など、強風で飛ばされる可能性のあるものは室内へ。
  • (接近前)強風で飛ばされる可能性があるので
    窓や網戸のはずれ止めがセットされているか確認しましょう。
  • ※取扱説明書や製品に貼付されているラベルに記載されている内容をよく読み、正しい作業を行ってください。
  • (接近前)強風によりあおられて破損、落下するおそれがあるので、
    窓やドアをロックしましょう。
  • (接近前)強風による飛来物により、ガラスが割れるおそれがあるので、
    シャッターや雨戸があれば、最後まで閉めてロックしましょう
  • (接近前)停電に備えて電動シャッターや玄関ドアの電気錠の非常時の操作方法を確認しておきましょう。

出典:気象庁ホームページおよび一般社団法人 日本サッシ協会「お住まいの窓やドアへの耐風や暴風時の備え<事前の準備や注意事項など>」より抜粋

YKK AP がお手伝いできる 台風に強い家づくりYKK AP がお手伝いできる 台風に強い家づくり

強風や飛来物から窓を守る強風や飛来物から窓を守る


台風の強風や飛来物が窓を破壊すると、大被害につながることも。台風の強風や飛来物が窓を破壊すると、大被害につながることも。

平均風速20m/s以上になると、看板の落下や屋根瓦、屋根葺材が飛ぶなど被害が出始めます(※)。
強い台風では飛来物で窓ガラスが割れるなどの危険性が高くなります。
ガラス破片でケガをしたり、雨が吹き込んで腐食やカビが発生し高額リフォームが必要になることも。
また暴風が室内へ一気に流れ込み、家の屋根が吹き上がってしまうという被害も報告されています。

※出典:気象庁ホームページ「風の強さと吹き方」

「強風対策」と「飛来物対策」の両面から考えることが大切です。「強風対策」と「飛来物対策」の両面から考えることが大切です。

風圧に耐える「強風対策」とガラスの飛散を防ぐ「飛来物対策」。
その両面を兼ね備えているのが耐風シャッターです。
またシャッター設置が難しい小窓には、
雨水の浸入を防ぐ水密性能、風圧に耐える耐風圧性能の高い窓(S-5・W-5等級)と、
飛散しにくい防災安全複層ガラスの組合わせで対策できます。
1階だけでなく、2階にも。住まいのあらゆる窓に対策を行いましょう。

動画で観るYKK APの台風対策
「窓に耐風シャッターをつけましょう」「窓に耐風シャッターをつけましょう」

台風時の飛来物に備える一番の対策は、窓をむき出しにしないこと。
シャッターや雨戸をつけることで飛来物から窓を守り、防犯にも役立てることができます。
リモコンで開閉できる電動のシャッターなら、台風接近時に窓を開けることなく
シャッターを閉めて快適に過ごすことができます。

商品情報

防災・減災対策には耐風シャッターがおすすめ!ウインドウシャッター防災・減災対策には耐風シャッターがおすすめ!ウインドウシャッター


「耐風圧性と水密性に優れた窓を選びましょう」「耐風圧性と水密性に優れた窓を選びましょう」

「エピソードNEO-R」は、風速62m/s相当でも耐えられる耐風圧性と、
1時間あたりの降水量240㎜相当の降雨時に風速20~35m/s相当の風が吹いても
窓からの雨の浸入を防ぐ水密性を実現。大切な住居や家財を守ります。

(注)台風や暴風発生時には飛来物によりガラスが飛散する恐れがあります。
防災安全複層ガラスなども併用し飛来物対策することをおすすめします。

商品情報

業界トップクラスの耐風圧性と水密性を実現業界トップクラスの耐風圧性と水密性を実現

※木造用サッシにおいて

エピソードNEO-R


「割れても飛散しにくいガラスを選びましょう」「割れても飛散しにくいガラスを選びましょう」

「防災安全複層ガラス」はガラスの間に強度と柔軟性に
優れた樹脂中間膜を挟み込んでおり、飛来物が当って割れても破片が飛散しにくいのが特長です。

ハンマーによる破壊試験
単板ガラス単板ガラス

とがった破片が飛散し、暴風時は二次災害の可能性大!

防犯合わせ複層ガラス防犯合わせ複層ガラス

破片が飛散しにくく被害拡大を防止

商品情報

飛来物対策に効果的飛来物対策に効果的

防災安全複層ガラス

窓のお悩み大募集! アンケートに答えて10,000円をもらおう!窓のお悩み大募集! アンケートに答えて10,000円をもらおう!

TOPへ戻る