お客様の声 YKK APの商品を採用いただいた事例

Case 10

窓リフォーム

冬の悩みが解決

冬の悩みが解決

「冬といえば、厚着をしてコタツに入ってもまだ寒さを我慢していたのが、この冬は、こんなに薄着で過ごせるようになりました」と嬉しそうに教えてくれたのは、小樽市のEさんご夫婦。
親の代から受け継いだ築40年の木造住宅は、アルミと樹脂の二重窓からのすきま風と冷気、拭いても拭いても追いつかない結露にカビ、と冬の窓辺の悩みが勢ぞろいしていた。
「居間の窓は西向きなのですが、冬は西風が強く、冷たい風が窓に吹き付けるんです。古い家なので、窓枠と壁の間からもすき間風が入り寒い家でした」。大きな窓は、眺めはよいが暖気を逃し、寒さを運んでくる窓でもあった。 リフォームをしたのは、すでに交換済みだった浴室を除く家中16カ所の窓。暮らしの場である1階の居間、キッチン、和室は高い断熱性を求めて、世界トップクラスの断熱性を持つトリプルガラスの樹脂窓に。ほかの部屋は複層ガラスの樹脂窓に交換し、同時に床下にウレタンを吹き付ける断熱工事も行った。
「部屋の居心地は以前とは全然違います。結露もないし、2階で使っていた灯油ファンヒーターは、すっかり使わなくなりました」と奥さん。Eさんも、「古い枠の上から新しい枠で覆う工法なので、悩みの種だった壁と枠とのすき間もなくなり、とても暖かくなりました」と笑顔を見せる。

暖かい家なら活動的になれる

冬の悩みが解決

すきま風がなくなった今、西風の当たる居間の窓は、日が傾くころから西日が入り、暖かさを運んでくれる窓へと変わった。
居間とひと間続きのキッチンは朝日の入る東向き。住宅が隣接しているので、こちらの窓には視線を遮る型ガラスを採用。「以前は、居間は真ん中に桟のある古いタイプの窓、キッチンは小さな引違い窓だったので、新しい窓にしたことでガラス面がすっきりし、家中が明るくなった気がします」。
窓がよくなると、部屋が暖かく、明るくなる。暖かいから、コタツから離れるのも苦ではなくなり、薄着で動き回れるようになる。結露を拭いて回る手間もなくなる。特に寒さの厳しい地域では、窓を変えるのと変えないのとでは、暮らしぶりに大きな違いが出る。「窓を変えてから、オイルヒーターの止まっている時間も増えたので、燃料代も減っているはずです」と、窓リフォームは、人にも家にも家計にも、いいこと尽くしのようだ。

採用いただいた商品

かんたんマドリモ 樹脂窓 北海道

かんたんマドリモ 樹脂窓 北海道

壁を壊さずかんたん窓交換リフォーム。寒冷地に最適。

商品サイトへ

この商品の他の事例

Case 05 Read More

Case 05

寒さ対策はもちろん、夏も涼しく寝られる快適な家に。

Case 06 Read More

Case 06

交通量が多い外の音が全く気にならなくなりました。

Case 07 Read More

Case 07

光と風をそのままに、念願の対面キッチンへ。

Case 08 Read More

Case 08

洗い場で感じていた肩まわりの寒さが改善。

Case 09 Read More

Case 09

リフォームで幸せな家を作る

Case 11 Read More

Case 11

窓が凍ってびっくり!

Case 12 Read More

Case 12

木製窓の傷みからリフォームを決意

Case 13 Read More

Case 13

開放的な大きな窓が悩みの種

Case 14 Read More

Case 14

家族みんなが健康で暮らせる家に。

Case 15 Read More

Case 15

間取りをオープンにし、寒さも解消。家族が集いやすい快適空間に。

Case 16 Read More

Case 16

マンションの寒さが解消、北向きの部屋も暖かく快適に。

お客様の声一覧

TOP

ページトップへ