ベランダ・バルコニー・
テラスを
リフォームする

生活空間を外に広げて、
彩りあふれる暮らしへ

ベランダ・バルコニー・テラスをリフォームする

ベランダ・バルコニー・テラスを
リフォームすることで生活空間が外に広がり、
第2のリビングとして、
暮らしをより豊かにしてくれます。
お気に入りの空間で、季節の光と
風を感じながら家族時間を楽しみませんか?

ベランダ・バルコニー・
テラスの魅力

新たな生活スペースが生まれる

ベランダ・バルコニー・テラスをリフォームをすることで、住まいに新しい空間が生まれます。
ビール片手に夕涼み、日差しの下でヨガタイムなど、いまの暮らしに彩りをプラス。

1階敷地の有効活用できる

デッキを設置して憩いのスペースにしたり、駐車スペース&アウトドアグッズ置き場にしたりと、今ある空間に後付けするだけで敷地が有効活用できます。

家事ラク効果もアップにも

ベランダ・バルコニー・テラスのリフォームで家事がしやすい自然な導線を作ることも可能です。

ベランダとバルコニーと
テラスの違い

ベランダとバルコニー、テラスの違いは、屋根の有無と設置場所です。
一般的には、雨風をしのげる屋根やひさしがあるのがベランダ、建物本体の外側にあり、屋根などがない空間がバルコニーとされています。
1階の屋外に、屋根なしで作られた空間がテラスです。

YKK APの
ベランダ・バルコニー・テラス

デッキ

YKK APのデッキは、リウッド(再生木)を使用した安心・長持ちのデッキ材です。
天然木に近い感触を持ちながら、ささくれがなく、お手入れが簡単で美しさが長持ち。

「リウッドデッキ 200 EG」は独自の表面加工により、高級感を演出する「硬木調」の「柾目(まさめ)柄」の木肌を再現。
性能面では「リウッドデッキ 200」同様、硬度の高いポリプロピレンを原料に採用しており、耐久性や耐変色性に優れ、長い期間美しさを保ちます。

リウッドデッキ 200 EG

安心・長持ちの機能性素材「リウッド」。
リウッド(再生木)は木粉とプラスチック(ポリプロピレン)を主原料とした、住む人の健康に配慮したノンホルムアルデヒド商品です。
天然木に比べて強度の低下や変色が少なく、防腐のための薬品処理も不要。お子様やペットにも安心です。水濡れによる反りや腐食が起こりにくく、硬度が高いため、美しさが長持ちします。

安心・長持ちの機能性素材「リウッド」
ラインアップ
庭の規模や目的に合せたラインアップをお選びいただけます。
デッキ本体
デッキ本体
段床セット
段床セット
変形地納まり
変形地納まり
スロープ納まり
スロープ納まり
R(アール)幕板
R(アール)幕板
リウッド ステップ
ステップ
床下囲い
床下囲い
点検口
点検口

YKK APおすすめの
リフォーム商品(デッキ)

バルコニー

今あるバルコニーを新しく・より広く。バルコニーの使い方が広がります。
またYKK APのバルコニー屋根/囲いは小さなスペースや空きスペースにも対応。
屋根や囲いをつけて、敷地を有効に活用できます。

豊富な格子デザインやスリムなパネルなど多彩なデザインから選べるルシアスバルコニーなら玄関ドアやルシアスの他のエクステリア商品と組合せて住まい全体で統一感のある外観を演出できます。

※手すりのそばにはプランター、鉢、椅子、テーブルなど足掛かりになるものは置かないようにしてください。
またエアコンの室外機は手すりから60cm以上離すか、上から吊るなど設置場所に配慮してください。

ルシアス バルコニー

YKK APおすすめの
リフォーム商品
(バルコニー)

バルコニー屋根/囲い

バルコニーやテラスに屋根・囲いがあるだけで、そこは開放感あふれる新しい空間に。小さなスペースや空きスペースにも無駄なく屋根や囲いをつけて、敷地を有効に最大限に活用できます。

光を取り込みつつ紫外線をカットできるポリカーボネートの屋根や、風の強い地域、雪の多い地域でも安心してお使いいただける商品などを取り揃えています。

バルコニー屋根/囲い

YKK APおすすめの
リフォーム商品
(バルコニー屋根/囲い)

ベランダ・バルコニー・
テラスに関するお役立ち情報

部屋干しの問題の解決策は?!
部屋干しの問題の解決策は?!

TVCM

「リウッドデッキ 200 EG」篇|商品
空間リフォームを
お考えの方へ

ベランダ・バルコニー・テラスと一緒に
水まわりやお部屋、玄関周りなど
幅広いリフォームの相談ならこちら

リフォーム施工店を探す

リフォームの流れ

STEP1:検討・準備

リフォームに関する情報を収集。
予算も準備しましょう。

STEP2:施工会社の選定

複数の施工業者に相談。
プランと見積りをもらいましょう。

STEP3:プランの精査

施工が決定したら
プランをしっかり精査していきます。

STEP4:着工・引き渡し

施工業者と契約。
経過から仕上がりまで
しっかり確認しましょう。

ページトップへ