ガラスを替える

ガラスへのこだわりが、
過ごしやすさを変える

ガラスを替える

今ある窓枠を利用し、
簡単にできるガラス交換。
どれも同じに見えるガラスですが、
こだわることで大きな違いが生まれます。

どれも同じように
見えるガラス。
こだわると変わる
4つの点とは?

冷暖房が効きやすい

断熱効果の高い窓が設置されている部屋で、冷房を使って冷やした空気は冷たいままに、暖房で暖めた空気は暖めたままに。
冷暖房費(光熱費)の削減も期待できます。

結露ができにくい

カビやダニの発生原因になる結露。
ガラスにこだわることで、窓に結露ができにくく。

日差しのダメージを受けにくい

UVカット効果の高いガラスで家具や床へのダメージを軽減。
部屋に入る明るさは変わりません。

まさか!の被害を抑える

絶対に避けたい泥棒の侵入や地震・台風などによる被害。
防犯・防災性能の高いガラスでお家を守りましょう。

ガラスの種類

複層ガラス

1枚のガラスよりも
優れた断熱性能を発揮

2枚のガラスで中空層をつくることで1枚のガラスよりも優れた断熱性能を発揮。
窓から逃げる暖房熱の量を減らし節電に貢献します。

1枚のガラスよりも優れた断熱性能を発揮
手軽にリフォームできる
「後付型商品」で複層ガラスに

「今ついているガラスが単板ガラスだから、厚みのある複層ガラスは入らないのでは?」とご心配の方も、アタッチメント付きのガラスなら今のサッシはそのまま、手軽に複層がラスに交換できます。もちろん、サッシごとの交換も可能です。

手軽にリフォームできる「後付型商品」で複層ガラスに
紫外線・結露対策にも
様々な性能が向上

ガラス1枚の単板ガラスに比べ、熱が伝わりにくいため、暖房熱の流出が抑えられます。また、室外が寒くても室内側に結露が発生しにくいガラスです。

性能値の比較

Low-E複層ガラス

「Low-E複層ガラス」とは、
複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑えるLow-E膜をコーティングして性能を向上させたガラスです。
熱の流入・流出を防ぐ「遮熱タイプ」と太陽光を取込みながら、熱の流出を防ぐ「断熱タイプ」があります。

Low-E複層ガラス

複層ガラス/Low-E複層ガラスの
特長比較

複層ガラスとLow-E複層ガラスの違い

複層ガラスは2枚のガラスを間隔を空けて組み、中空層をつくることで断熱や防音性を向上させています。
Low-E複層ガラスは、その複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑える「Low-E膜」をコーティングすることでより高い断熱性能と日射遮蔽性能を両立。夏は涼しく、冬は暖房熱を外へ逃がしません。

Low-E複層ガラス 遮熱タイプと断熱タイプの違い

Low-E複層ガラスは「遮熱タイプ」と「断熱タイプ」、2種類のラインアップ。
遮熱タイプはLow-E膜を室外側に施しており、熱の流入・流出を防ぎ、室内の暑さを抑えます。
一方、断熱タイプのLow-E膜は室内側にあり、室内の温かさや涼しさを逃がさない断熱性に加え、太陽光の熱を取り込むことで室内の温かさを保ちます。

Low-E複層ガラス 遮熱タイプと断熱タイプの違い

機能の違い

Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

熱の流入・流出を防ぐ。

Low-E膜が室外側にあることで、室内の温かさや涼しさを室外に逃がさない断熱性を持ちながら、太陽の日射や照り返しなどの熱の流入を遮断することで、室内の暑さを抑えます。

Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)
Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

太陽光を取込みながら、熱の流出を防ぐ。

Low-E膜が室内側にあることで、室内の温かさや涼しさを室外に逃がさない断熱性に加え、差し込む太陽の熱は室内に取り込み、室内の温かさを保ちます。

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

選べる安心・便利機能

機能比較
追加機能 UVカット 防犯 防災 防音 意匠性 遮熱遮光
安全合わせ複層ガラス/
防災安全複層ガラス
格子入複層ガラス
ブラインド入複層ガラス
強化複層ガラス
異厚複層ガラス
複層ガラスの基本性能に加え、防犯、防災、意匠性などの機能を加えたガラスも選べます。

ガラスタイプ

4つのタイプからお選びいただけます。

  • 透明ガラス
  • 型ガラス
  • 乳白タイプ
  • 防音タイプ
型ガラス
型ガラスの見え方
乳白タイプ
乳白タイプの見え方
対応表
機能 安全合わせ複層ガラス 格子入複層ガラス ブラインド入複層ガラス 強化複層ガラス 異厚複層ガラス
- 防音タイプ
複層ガラス 透明
乳白
- ○(ミスト)
- - - - -
Low-E複層ガラス
(断熱タイプ)
透明
乳白
- ○(ミスト)
- - - - -
Low-E複層ガラス
(遮熱タイプ)
透明
乳白
-
- - ○(ミスト)
- - - - -
※強化複層ガラスの場合、型ガラスはミスト柄タイプとなります。
ミスト柄タイプとは、光を拡散し視線を適度に遮る事ができるガラスです。

ガラスの交換方法

STEP01

今ある窓のフレームは
そのまま利用できます。

STEP01

STEP02

今あるガラスを外し、
新しいガラスに交換します。

STEP02

STEP03

こんなに手軽に
ガラス交換が完了します。

STEP03

YKK APおすすめの
リフォーム商品(ガラス)

ガラス交換に関する
コラム記事

窓ガラスの種類と選び方-お手入れの際のポイントまで解説

現在、販売されている窓ガラスには防音性・断熱性・防犯性などを備えた高機能な製品がたくさんあります。リフォームを検討している方の中にはどれにしようか迷っている方もいるでしょう。そこで、窓ガラスの種類や目的に合わせた選び方をご紹介します。自宅に最適な窓ガラスを選んで、快適なマイホームを実現しましょう。

窓ガラスの種類と選び方-お手入れの際のポイントまで解説

空間リフォームを
お考えの方へ

ガラスと一緒に
水回りやお部屋、玄関周りなど
幅広いリフォームの相談ならこちら

リフォーム施工店を探す

リフォームの流れ

STEP1:検討・準備

リフォームに関する情報を収集。
予算も準備しましょう。

STEP2:施工会社の選定

複数の施工業者に相談。
プランと見積りをもらいましょう。

STEP3:プランの精査

施工が決定したら
プランをしっかり精査していきます。

STEP4:着工・引き渡し

施工業者と契約。
経過から仕上がりまで
しっかり確認しましょう。

ページトップへ